浴室でカビキラー 時間はどれくらい置く?放置しすぎてしまったら

生活のあれこれ
スポンサーリンク

浴室のカビ取りに効果的なカビキラー
「あそこにカビがある!シュッシュ!」と何気なく使っている方も多のではないかと思います。
実は目安の置き時間や、効果的な使い方があるのをご存知ですか?

この記事では、
・浴室でカビキラーを使ったら時間はどれくらい置けばいいのか
・カビキラーをしてから時間を置きすぎてしまったら…
・カビキラーの効果的な使い方
・浴室でカビキラーを使用後の注意点

を分かりやすく解説いたします。

この記事では、カビキラーを使っていたけど実際にどれくらいの時間置いていいのか分からなかった方や、しつこいカビを効果的に落としたい方には役に立つと思います!
カビキラーには予防効果もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

浴室でカビキラーを使ったら時間はどれくらい置く?

カビキラーの放置時間ですが、スプレーをしてから数分後、ひどい汚れには数十分置くといい、書かれています。

口コミでは
「約5分でとれた」
「10~20分置いたら取れた」
という方がいました。

また、中には「10分置くと9割のカビが落ちた」という方もいました。

材質にもよりますが10分から15分で大抵の汚れは落ちると言えるでしょう。

カビキラーしてから時間を置きすぎてしまうと…

きれいに落としたいカビ汚れなので、長く置けば置くだけいいのではないかと考える方もいるのではないでしょうか?
実際に30分では取れなかったカビが1時間放置したら取れたという方もいましたが、置きすぎることでのデメリットもあります。

カビキラーは次亜塩素酸塩を主成分とする塩素系の漂白剤なので、強い漂白効果がある一方で、放置している時間の分だけ強いにおいを発し続けることになります。なので、中には塩素ガスによる気持ち悪さや頭痛が出る方もいるかもしれません。

また、長く時間を置くことで素材を溶かしてしまったり、傷めてしまう可能性もあります。
もちろん全員に当てはまることではないので、使い方はそれぞれの判断になりますが、10分から20分でも十分にカビは落ちるので、置きすぎに注意して使いましょう。

スポンサーリンク

カビキラーの効果的な使い方

公式で提示されている正しい使い方でも、もちろんきれいになりますが、よりきれいにカビが取れる方法があります。

①乾いた場所に使う
カビを落としたい場所に水がついていると、水と一緒にカビキラーの液が垂れてしまいます。そのため乾いている状態のときに使いましょう。
もし浴室が濡れている状態のときに使用したい場合は、タオルなどで水気をふき取って使用すると効果が上がります。

②サランラップでパックする
①でも伝えたように、液が垂れてしまうと効果が薄れてしまいます。なので、液が流れずに密着するようにします。

まずは、キッチンペーパーにカビキラーを染み込ませ、カビがある部分へ貼り付けます。そこにサランラップをつけてパックをし、30分程置き、水で流して完了です。

③片栗粉を混ぜ、パックする
片栗粉を混ぜるとトロミが出て流れにくくなるので、その場に留めておく効果があります。
やり方は片栗粉を混ぜトロミをつけたカビキラーを、カビを落としたい箇所に綿棒で丁寧に塗り、30分程置いておきます。その後水で流して完了です。

④壁や天井などの高いところには柄(え)付きのスポンジを使用する
壁や天井など、高い所にカビキラーを使うときは、跳ね返った液が体にかかる、目に入る等の危険があるので、柄付きのスポンジなどに液をつけ、塗りつけます。

ヘッドを回転させながら塗りつけるだけでOKで、ゴシゴシ洗ったりする必要はありません。360度回転するスポンジが便利です。数分置いたら水で洗い流し完了です。

※浴槽にたれ落ちた液を放置すると変色することがあるので要注意しましょう。

また、カビキラーにはカビを予防する効果もあります。

黒カビは今は目に見えなくても、着々と黒カビが根を生やして、目に見えるほど大きくなる準備をしています。なので、黒カビが生えている所にはもちろん、カビが生えていなくても生えやすい所
(タイルの目地、壁・床の四隅、排水溝・排水溝のフタ、お風呂のフタ、換気扇カバー、お風呂のエプロンの中)
にも黒カビが生える前に、カビキラーをすることをおすすめします。

カビキラーの強力浸透成分で、カビの根の奥の奥まで強力に浸透し、ゴムパッキンの黒カビやカビの根までガツン落としてくれます。
さらに嫌なニオイの原因となる菌・バクテリアも除菌してくれます。

ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

浴室でカビキラーを使用後、すぐお風呂に入れる?注意点はある?

カビキラーを使用後は、しっかり水で流せばいつ入っても大丈夫です
カビキラーの成分は水に溶けるので水洗いすれば長時間流さなくても成分が残留することはありません。
もし匂い等が気になるようでしたら、換気をして匂いがなくなってから入ることおすすめします。

まとめ

口コミでは、
「泡がたれず、ゴシゴシこすらなくても時間を置けばサッとカビが取れる。」
「スプレーをして放置し、シャワーを流すだけで簡単」
「15年分のカビが一気に落ちた」
という方もいました。簡単に綺麗になるカビキラーはとても魅力的ですよね!

実際に私も浴室のカビにはカビキラーにお世話になっています。カビがなくピカピカな浴室での入浴はさっぱりとし、とても気持ちいいですよね。

使用用法をきちんと守り、安全にピカピカな浴室を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました