浮き輪の穴の見つけ方と補修方法!簡単に修理できるグッズも紹介!  

生活のあれこれ
スポンサーリンク

最近外の気温もだんだん高くなってきて、あったかくなりましたね♪
特に太陽の照っている日には思わず「あつ~い!」と言ってしまうほどジメジメする日もあり…

そんな日には海やプールへ行っておもいっきりはしゃいだり、浮き輪に乗ってプカプカ優雅に泳いだり、日光浴をしながらリラックスしたりしたいですよね♪
こんな時期なので外出せずに、おうちの庭でビニールプールを出してお子様と遊ぶ方も多いかもしれません。

そんなときに、
「浮き輪やビニールプールに穴が見つかった」
「よくわからないけど空気が抜けていってしまう」
などの経験はありませんか?

空気が抜けてしまうのは確実に穴が開いています!
小さい穴の見つけ方や、穴の補修の仕方について意外と知らない方も多いと思うのでご紹介していきたいと思います(^^)/

スポンサーリンク

浮き輪の穴を見つける方法!

大きな穴ならばすぐ見つけることができますが、小さな穴はなかなか見つからないことも多いですよね。
そこで、小さな穴を簡単に見つける方法をご紹介します!

空気が抜ける音

まずは浮き輪に空気を、満タンになるまで入れましょう。
空気を入れたら、少しずつ抜いていきます。

せっかく頑張っていれたのに、、、と思うかもしれませんがそこは根気よく頑張りましょう!!

ス~ッと空気の抜ける音が聞こえてくると思います。

あまり騒がしい場所ではやらないことをおススメします

そのとき、浮き輪を少しずつ回しながら耳を近づけて探し当ててみてください。

見つかったら、またわからなくなってしまわないようにペンやシールなどで印を付けておきましょう。

油性ペンを使用すると消えなくなる恐れがありますので気を付けてくださいね。

台所用洗剤(中性洗剤)を使用

先に言っちゃいますが、シャボン玉を作ります。
シャボン玉を作るときに洗剤を水で薄めて液体を作りますよね?同じやり方で、洗剤と水を混ぜておきましょう!
スプレーボトルなどがあると便利です。(ない場合は手やブラシなどで塗ればOKですので大丈夫です)

それでは、また浮き輪に空気を満タンになるまで入れましょう。

根気よく、、、頑張りましょうね!

入れ終わったら、先ほど作った液体をスプレーでシュッシュッとするか、手で塗っていきます。

乾いてしまうとシャボン玉はできないので、たっぷり豪快につけましょう!

そうすると…
小さいシャボン玉ができてきます!
そこに穴がありますよ!!
見つけたらやはり、印を付けておくとよいでしょう♪

スポンサーリンク

浮き輪の穴の修理方法

それでは次に見つけた穴の修理方法についてご紹介します!

小さい穴の場合

☆マニキュアを使用して塞ぐ☆

まずは、浮き輪に近い色のマニキュアを用意しておきましょう。

空気は抜いてある状態で、穴の部分にマニキュアを塗っていきます。(たっぷりめに塗りましょう)
そして、乾くまで待つだけです!

しっかり乾いたら、空気を入れて穴がふさがっているか確認しましょう。
とっても簡単で、手軽にできますね。

YouTubeにも紹介されていますので、よかったら見てみてください♪

 

☆テープを使用して塞ぐ☆

ビニール製品用の補修テープがホームセンターなどで販売されています。
こちらは透明な素材で、耐水性にも優れているので浮き輪やビニールプールにも使用できます。
穴の開いているところに貼るだけなので、作業も楽ちんですね♪

ただ、あまり安価なものですと強度が良くなかったり、水に負けて剥がれてしまったりすることもあるようなので、性能や商品説明などよく確認してから購入することをおススメします!

大きい穴の場合

Amazonなどで販売されている、ティアーエイドという商品がおすすめです!!

3種類の大きさのシートが同梱されているため、穴の場所や大きさに合わせて貼ることが可能です。

ボートの穴なども補修できるほど、耐久性に優れているのでかなりおススメです!!
お値段はちょっと高めですが、購入してみる価値はありそうです。

こうなったら残念ながら修理は無理・・・

石に引っかかって多数の場所が裂けてしまっていたり、一か所が大きく裂けてしまっていたりする場合は残念ながら、破棄して新しいものを購入したほうが良いでしょう。
あまり穴や裂け目がたくさんあると、一度補修しても使用していくうちに劣化が進行し、それが悪循環になってしまいます。

また、浮き輪は泳げない人が使用する場合もあると思いますので、命の危険につながる可能性もあります。あまり状態がひどい場合は潔くあきらめ、買い替えることも大切です。

スポンサーリンク

穴があく原因と、穴あきを防ぐには?

穴があく原因としてよく起こるケースとしては、

☆小石や砂などが付着して穴につながる

☆素材の劣化により空気漏れが起こってしまう

☆保管の際の折り目から穴があいてしまう

などがあります。

子供が遊んでいる途中に石や木などに引っ掛けてしまったなどの場合は仕方ありませんが、素材の劣化や保管時の穴あきについては正しい保管方法で防ぎ、長持ちさせることができますので、ご紹介します♪

素材の劣化を防ぐお手入れ

浮き輪などは塩化ビニールという素材から作られています。
この塩化ビニールは、そもそもあまり長持ちする素材ではないため、浮き輪を使用したらしっかりとお手入れする必要があります。

まず、長時間使用した浮き輪には、水垢や砂、ほこりなどがたくさん付着していますので、水や洗剤を使ってしっかりと洗い流しましょう。

洗い流したら、水分を軽く拭き取り、外で天日干ししましょう。
この際に長時間の放置は厳禁です。外であまり長い時間置いておくとビニールの劣化につながりますので、完全に乾燥したことを確認したらとりこみましょう。

長期間の保管方法

あまり頻繁に使用しない場合や、季節の切り替わりで長期間保管する場合は、家の中や物置などの屋内で直接日光の当たらない場所に収納しておきましょう。

また、折りたたむ際ですが、しっかり折り目をつけて畳んでしまうと、折り目から穴があいてしまう場合があります。
緩めに畳むことを心がけましょう。

また、長時間折りたたんだ状態にしておくと、ビニール同士がくっついてしまうことが良くあります。
それを防ぐために、浮き輪全体にベビーパウダーを振ってから折りたたむとくっつき防止になりますので試してみてください♪

浮き輪の空気を早く抜く裏ワザがあった!片付けや収納方法についても!
これからの時期の水辺レジャーをいっそう楽しくするアイテムといえば浮き輪やビーチボールですよね。 でも浮き輪の空気を...
スポンサーリンク

まとめ

「浮き輪に穴があいて困ってた」「浮き輪が長持ちしない」などのお悩みは解決できましたでしょうか?
浮き輪は夏の行楽日和に、海やプールで欠かせないアイテムといっても過言ではないでしょう!
今年の夏も、お気に入りの浮き輪やビニールプールを使用して楽しい時間を過ごして下さいね♪

タイトルとURLをコピーしました