卒業式で袴にサブバッグを持つならコレ!色の選び方や必要かどうかを解説!

季節の行事
スポンサーリンク

楽しみな卒業式。
用意した袴姿に合わせるカバンは小さめ。
メインのバッグだけでは持ち物が入りきらない可能性が高い場合、サブバッグがあるととても便利です。

女の子はもともと持ち物が多くなりがちですよね。

この記事では、卒業式にかかせない

・袴姿に合うサブバッグ
・サブバッグの色の選び方
・紙袋や100均のバッグではダメ?
・サブバッグは本当に必要?

など、サブバッグの必要性や実用性をわかりやすくお伝えします。
卒業式が楽しい思い出になるように、事前準備に役立つ記事になっていますので是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

卒業式の袴姿に合うサブバッグを紹介♪

袴姿に合うバッグは小さい巾着のような和カバンをイメージしますよね。
それでは肝心の荷物が入らないかも、、、
そんなときに、サブバッグがあるととても便利です!

使い勝手の良いサブバッグを5つご紹介します。

A4サイズもすっぽり入る大きさ。

一眼レフカメラと、ペットボトルを入れても窮屈にならない大容量サイズです。
柄も色味を柔らかいカラーを使用しているので、袴のデザインを邪魔しない和バッグです。

 

風呂敷を縫い合わせて作った日本製エコバックです。
小さくたたんで持ち運べるのでかさばらずおすすめ。

袴に合わせやすいかわいらしい和柄が、袴のデザインを引き立ててくれますよ。

 

兵児帯からできたシワ加入りのエコバッグ。
なんと20㎏もの耐久性があり、A4サイズも入ります。
袴にも合わせやすいシックなカラーから、さし色になるビビットカラーも揃っていて、普段使いにもおすすめです。

 

日本の伝統である絞り染めの技法を使ったバック。
伸縮性があり、小さくたたんで持ち運びができます。

柄が和装にぴったりなので袴との相性が抜群です。

 

結婚式や謝恩会などにも使用できる、シンプルなレース付きのサブバッグ。
上品なデザインですので、和着物や袴にも相性が良いです。
一つあると幅広いシーンで使えますので、大人アイテムの一つとして持っているのもおすすめです。

サブバッグの色はどんなものを選ぶ?

袴と同系色のサブバッグを選ぶのがおすすめです!

着物部分に柄やたくさんの色が使われていて、とてもキレイなのが袴の醍醐味ですよね。
デザインの邪魔にならないように柄物ではなく、尚且つ一色使いのサブバッグだと、全身に統一が出るのでおすすめです。

(赤)(ピンク)→サブバッグ(赤茶系)
(緑)(青)  →サブバッグ(緑・紺)
(紺)(黒)  →サブバッグ(紺・白)

このような感じで色味の参考にしてくださいね!

紙袋や100均のサブバッグはだめ?

紙袋や100均のサブバッグは、結論から言うとだめではありません。
卒業証書を入れる紙袋をくれる学校もあるようです。

ただし、学校の名前が入っていることも多く、そのまま二次会などに行く際に目立って恥ずかしい、、という声もちらほら。

メインのバックが紙袋!となると、袴との相性を考えたら見栄えがいまいちになってしまいますが、、、
サブバッグなら紙袋や100均のサブバッグでも問題はありません

せっかくならかわいく全身揃えたいところではありますが、紙袋がダメ!ではありませんので、ご自身の予算と相談して決めてみてくださいね。

スポンサーリンク

卒業式にサブバッグは必要かどうか

サブバッグはあることに越したことはない!
卒業生が言うから間違いなしです。

袴に合うメインのバックは本当に小さいです。

サブバッグに入れる代表的な荷物
・卒業証書
・メイク道具
・カメラ
・カイロや靴下などの防寒グッズ
・筆記用具
・ハンカチや除菌グッズ

メイク道具に財布にと女の子は荷物が多いですよね。
まだ肌寒い時期でもありますので、防寒グッズなどもあると便利です!

そして卒業証書に加え記念品などのプレゼントの付与もあります。

そのため荷物が次から次へと増えていき、、、
帰りは、来た時よりも荷物が増えた。という思い出があります。

サブバッグがあると当日の急な荷物にも対応できますので、小さくてもいいのでメインのカバンとは別に持っていると、とても心強いアイテムになりますよ!

スポンサーリンク

袴に合うメインバッグのおすすめは?

●巾着バッグ

定番の小紋柄の巾着バッグ。

巾着バッグは、かわいらしい印象ですがどの袴にも相性抜群です。

 

●がま口バッグ

着物のバッグの定番ともいえるがま口タイプ。
レトロで大人な印象になるのがポイントです。

 

●フォーマルなクラッチバッグ

パーティーや結婚式の二次会にも使用できるクラッチバッグ。
大人アイテムで一つは持っておきたいバッグです。


小ぶりで華やかな印象はレトロな袴との相性も良いのでとてもかわいいですよ。

まとめ

とても喜ばしくおめでたい日になる卒業式。
袴は早めに決めたのに、いざ卒業式の日が近くなってくるとバックどうしよう、、、
サブバッグもなかった、、、

と、不安にならないように早めにバックを含めた小物の全身コーディネートを考えておくととても安心できますよ。
式当日が充実した一日になりますよう、事前準備も楽しく行ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました