ケーキ型にしくクッキングシートがない場合の代用アイデア!

お役立ちメモ
スポンサーリンク

ケーキを焼こうと思って準備をしていたのに、ついうっかりクッキングシートを準備するのを忘れてしまうことってありませんか?
わたしは正直、よくあります。

まだあると思っていたのに、長さが足りなかったり、そもそも買っておいていなかったり。
でも (・∀・)
クッキングシートがなくてもケーキは焼けますのでご安心を。

この記事ではクッキングシートを使わずケーキを焼く方法や、代用法もご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

ケーキ型にしくクッキングシートが無い!代用できるものは?

油脂と小麦粉を使う

バターなどの油脂を塗った後、小麦粉をふるい、型をひっくり返して余分な粉を落としてください。一般的なクッキングシートを使わずケーキを焼く方法です。

油脂は、材料に油を使う場合は油を、バターやマーガリンを使う場合はバターやマーガリンを使うと、わざわざ材料を追加で準備する必要がありません。

たくさん使うわけではありませんが、風味も微妙に変わってくると思うため、ケーキを作るのに使う材料をクッキングシートの代用として使うのがおすすめです。

スプレータイプの油が売っているため、クッキングシートを買うのは勿体ないという人はこのようなものを活用するのもおすすめです。

コピー用紙を使う

少し荒業ですが、コピー用紙を使っているという友人がいました。
クッキングシートがないけどどうしてもケーキを焼きたいというときには、試しに使ってみるのもいいかもしれません。

ただし、コピー用紙には漂白剤を使っていることもあるため、注意が必要です。
漂白剤が気になるという人は控えるようにしてください。

コピー用紙に原材料は書かれていないことが多いです

アルミホイルを使う

マフィンやカップケーキに銀カップが使われているのを見たことがあると思います。
アルミホイルはオーブンでも使うことができますので、クッキングシートの代わりになります。

しかし、そのまま使用すると生地がアルミホイルにくっついてしまいます。油を塗ってから使うようにしてくださいね。

油を塗ってもくっついてしまうことはあります

また、クッキングシートよりも熱の伝わり方が良いので、焼く温度と時間の調整は必要です。

牛乳パックを使う

いっそのことクッキングシートはないし、ケーキ型のように丸くなくても大丈夫!という人は、牛乳パックがおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko@(@keiko.keiko3)がシェアした投稿

牛乳パックの内側はくっつきにくい加工になっています。
紙の厚さもほどよくあり、丈夫で使い終わったらそのまま捨てられるため、洗いものも少なく済むなどメリットが多いです。

牛乳パックを使う場合は、よく洗い乾かしてから使用するようにしましょう。
牛乳パックの縦方向一面を切り取り、側面をホッチキスで止めると型になります。

大きさも自分の使いたい大きさに変えることができ、星やハート型の型を作ることもできます。

 

《ケーキをきれいにはがすポイント》

ケーキが焼きあがったら、取り外す前に十分に冷やすようにしましょう。
冷めたら逆さにし、側面や底面をトントンと叩くとケーキが取れると思います。
熱いまま型から抜こうとすると崩れてしまうため、必ずしっかりと冷ますようにしましょう。
スポンサーリンク

底抜け型の場合、クッキングシートは必要?

底抜け型の場合でも、クッキングシートを使用するのがおすすめです。

オーブンを使用するときに型や鉄板にクッキングシートを使う理由は、焼きあがったケーキやお菓子、料理がくっつかずに取り出すようにするためです。

底抜け型は、底が抜けない型よりも取り出しやすいですが、クッキングシートを敷いておいた方が、よりキレイに取り出すことができます。

底抜け型で作ったケーキを取り出す方法

まずはしっかりとスポンジを冷ましましょう。
熱いまま外そうとするとスポンジが崩れてしまいます。

しっかり冷ました後、まずは側面から外します。
油脂と小麦粉を型に塗っている場合、側面にナイフを入れ型に沿って一周させます。

底面に手を下から添え、上から側面のふちを下へ押し、外します。
この時、底面に添える手に自信がなければ、ひっくり返したコップの上に乗せると両手が使えるようになるためこの方法もぜひ試してみてください。

その後、底面を外すと完成です。

油脂と小麦粉を使っている場合は、ナイフを底面に沿わせて底面を外してください。

スポンサーリンク

まとめ

クッキングシートの代用品についてご紹介しました。
クッキングシートを型に合わせて切ったりするのが手間だったり、普段料理で使用しなかったりする場合は、油脂と小麦粉の代用方法を試してみるのもいいですね。

ちなみに、ケーキ型用のクッキングシートはサイズによりますが、100円均一で手に入れることができます。

クッキングシートを使うメリット、油脂と小麦粉を使うメリットがあると思います。
両方を上手に使い分けたり工夫して、お料理をより楽しみましょう(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました