布マスクについたメイク汚れの洗い方!化粧がつくのを防ぐ方法も!

生活のあれこれ
スポンサーリンク

政府から送られる布マスク、皆さんのお手元にはもう届きましたか?
私の住む地域はまだのようです。首を長くして待っているところです(笑)

女性がマスクを着ける際に、どうしても気になるのはメイク汚れですよね。
普通のマスクであれば、使った後に捨ててしまえば問題ないのですが、布マスクではそうもいきません。

布マスクについたメイク汚れの洗い方や、汚れを防ぐ方法、布マスクは洗濯機で洗ってもいいのかどうかなどなど…。

布マスクをまだ使っていない方や、マスクの洗い方に困っている方などにも、ぜひ参考にして頂きたいと思います!

マスクは日焼け止めになる?クリームを塗りたくない人におすすめのマスクやファンデも!
「マスクに日焼け止めの効果はあるの?」 最近すっかり暖かくなってきましたね!日差しも強くなり、日焼けが心配な季節に...
スポンサーリンク

布マスクについたファンデーションや口紅を落とす方法

布マスクに付いたファンデーションや口紅は、中性洗剤で洗うと落ちやすいです
中性洗剤とは、おしゃれ着洗いや食器用洗剤と言った、成分表示に「中性」と書かれている洗剤を指します。

メイクの汚れには油分が含まれているので、酸性やアルカリ性の洗剤よりも、中性洗剤を使うようにしましょう。

また、口紅などのピンポイントに落としたい汚れがある場合には、汚れている部分に固形石鹸や重曹を直接塗り込み、しばらく置いておくと効果的です。

それでも落ちない頑固な汚れには、メイク落とし用のオイルをなじませてから洗いましよう!

正しい布マスクの洗い方

布マスクは、洗濯機ではなく手洗いすることをおすすめします。
少し面倒ではありますが、マスクの縮みを防いで長持ちさせるためにも、できるだけ洗濯機の利用は控えたいところです。

手洗いをする前に、まずは上記の方法で目立つ汚れを落として下さいね。
ここからは、布マスクを手洗いする方法を順番に説明していきます!

① 洗面器などの容器に中性洗剤とぬるま湯を入れて混ぜる
洗剤の量は、本体に記載されている目安量を基準にして下さいね。
参考までに、私の目安量は、洗面器半量ほどのぬるま湯に対して、洗剤はキャップ1/5程度です。

② 布マスクを①に浸して10分間置く

③ 軽く押し洗いをする
ポイントは、優しく押し洗いすることです!
もみ洗いをしてしまうと、布マスクの生地を傷めてしまったり、干した後にシワだらけになったりしてしまいます。

④ ためすすぎをして、水気を切る

⑤ 塩素系漂白剤を溶かした水に布マスクを10分間浸す
目安量は、水1Lに対して漂白剤15mlです。
漂白剤で手が荒れないように、ゴム手袋などを着用して下さいね。

⑥ 流水で十分に洗い流し、タオルで水分を吸い取る
ここでも、絞るとマスクが型崩れしてしまいます。
タオルに挟んで、優しく水分を吸い取るようにしましょう。

⑦ 形を整えて陰干しする
乾燥機の使用は避けて、陰干しで自然乾燥させましょう。

柔軟剤入りの洗剤を使うと、マスクが柔らかく仕上がり、肌当たりも良くなりますね。
優しく手洗いをして、毎日清潔なマスクを身に付けるようにしましょう!

スポンサーリンク

布マスクのメイク汚れ防止策

さて、ここまで布マスクの洗い方を見てきましたが、できることならマスクに汚れを付けたくないですよね。
落ちにくいメイク方法など、メイク汚れの防止策についてご紹介します。

落ちにくいメイク方法

落ちにくいメイク方法には、下記のようなものがありました。

・皮脂崩れ防止の化粧下地を使う

・パウダーファンデーションを使う

・仕上げにフィニッシングパウダーをはたく

・メイク崩れ防止のスプレーを使う

・マスクにベビーパウダーを塗る

メイク崩れ防止スプレーは、様々なものが売られていますね!

これ↑↑は私も使っています♪

これからの暑い季節は、マスクをしない時でもスプレーが手放せなくなります。
私も、いろいろ試して効果が高いものを探していきます!

メイク崩れ防止のポイント

大切なポイントは、メイク後に余分な皮脂や油分が残ったままマスクをしないということです。
ファンデーションを塗った後に、フィニッシングパウダーをはたき、顔全体をティッシュオフしてからマスクを着けるようにしましょう。

また、ベビーパウダーをマスクの鼻が当たる部分に塗ってから着けると、余分な皮脂を吸い取ってくれる効果があります。
摩擦が原因のメイク崩れが大幅に防げて、マスクの汚れが減りますね。

普段のメイクよりも薄めにベースを仕上げて、眉毛やアイメイクをしっかりするだけでも、きちんとお化粧をしているように見えますよね。

私の友人も、顔の下半分はすっぴんで出勤していると言っていましたよ(笑)
動画サイトやインスタグラムにも、時短メイクや崩れにくいメイクの解説動画がたくさん投稿されていました。

こんな時ですから、動画を参考にしたり便利アイテムを駆使したりして、堂々と時短メイクをしちゃいましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、布マスクの洗い方やメイク汚れの防止策をご紹介しました。

布マスクと言えば、小学生の頃の給食当番を思い出す方も多いかと思いますが
風邪や花粉症などで、マスクをする機会は今後もたくさんあります。

使い捨てにできない布マスクだからこそ、丁寧に洗って、長持ちさせたいですね!
そして、清潔なマスクを身に付けましょう♪

タイトルとURLをコピーしました