ブラウニーの切り方のコツ!タイミングやくずれないように切る方法は?

食材
スポンサーリンク

アメリカ生まれの家庭的なチョコレート菓子「ブラウニー」
ずしっと濃厚なものから軽めのものまでバラエティ豊かで、子どもにも大人にも人気が高いおやつです。日持ちがするのでプレゼントとしてもピッタリ♪
手軽に作れちゃうので、おうちで手作りをされる方も多いのではないでしょうか。

ブラウニーが膨らむ原因と対応策!空洞になるのを防ぎキレイに焼き上げるコツ!
バレンタインレシピとしても人気の高いブラウニー。 しっとりとした重みのあるチョコレート生地に、ナッツの香りが合わさって...

簡単に作れるブラウニーですが、切る時にボロボロ崩れてしまったり、断面がきたなくなってしまったという失敗例もあるようです!

でも大丈夫♪
これからお伝えする、ブラウニーを切るタイミングや、ちょっとしたコツをおさえればキレイに切り分けることができるようになりますよ。

今回は、ブラウニーの切り方についてまとめています。

スポンサーリンク

ブラウニーを上手に切る方法

ブラウニーは油分が多いので、なかなか切りにくいですよね。

キレイにカットするためのポイントは「切り方」「切るタイミング」です。
では、さっそく見ていきましょう。

ぼろぼろにならないように切るコツ

・包丁を温めて切る

包丁をお湯に入れて温めてから切ってみましょう。
包丁の熱で切断面の油分が溶けて切りやすくなります。

ボウルにお湯を張るなどして包丁を温めます。水分がブラウニーに付着しないよう、ふきんやキッチンペーパーで包丁をよくふき取ってから切るようにしてくださいね。

包丁が冷えてきたら温め直してから再度切り分けるようにしましょう。

温めた包丁で切っていたら切り口がドロッとしてしまわないか心配になるかもしれませんが、包丁とブラウニーが触れ合う時間は短く、切り口はすぐ固まってしまうので大丈夫です。

また、直火で包丁を温める方法は、包丁が高温になり過ぎたり、包丁の状態を悪くしてしまう原因になりかねないので注意しましょう。

・スパッと一気に切る

のこぎりのように小刻みに動かして切ると、切り口がボロボロになってしまいます。
包丁をギュッと押し付けて切るのも断面が崩れる原因に。

包丁の重みを利用して、ゆっくり、スパッと一気に切り下ろしましょう。

使う包丁は普通の包丁で大丈夫ですが、切れ味のよいものを使ってくださいね。

・ひっくり返して裏から切る

ブラウニーを裏側から切ることで、表面のヒビ割れを少なくすることができます。

スポンサーリンク

ナッツやフルーツが入っている場合もスパッと切りたい

ブラウニーのアレンジ方法として人気なのがナッツやフルーツのトッピングですよね。
見た目も華やかになりますし、食感の違いも楽しめます。
でも、ナッツやフルーツが包丁に引っ掛かるためスパッと切るのが難しくなります。

ナッツやフルーツを入れてもスパッと切るにはどうしたら良いでしょうか。
上記の方法に加え、こんな方法があります。

・最初に刻んでから入れる

生地に混ぜ込むナッツやフルーツは細かく刻んでから生地に入れましょう。

・カットする大きさに合わせてデコレーションする

ナッツやフルーツを生地の上にデコレーションする場合は、だいたいのカットする位置を決めておき、カットする位置を避けて配置していきましょう。

・冷凍する

焼きあがったブラウニーの粗熱を取ったら、ラップで密封して冷凍庫へ。
冷凍時間は2、3時間ほどで大丈夫です。
ナッツやフルーツとブラウニー生地の硬さが均一になるのでキレイに切れるようになりますよ。

包丁で切れないほどの硬さに冷凍してしまわないよう気を付けてくださいね。

手作りブラウニーを切るタイミング!いつならキレイに切れるの?

お菓子が焼きあがると、早く食べたくてすぐ切り分けたくなっちゃいますよね。
でも焼きたてのブラウニーをすぐ切ってしまうと、ボロボロの原因に!

グッと我慢して粗熱をとりましょう。
冷ます時は型に入れたままで大丈夫です。

粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やすと良いでしょう。
冷ますことで生地内の油分が均一なり、しっとり感もアップします。
切り方のコツで包丁を温める方法を書きましたが、ブラウニーを冷やすことでより効果が得られるようになりますよ。

また、時間に余裕がある場合やナッツやフルーツを入れた場合は、冷蔵庫ではなく冷凍庫で冷やすのがおすすめ
サクッとストレスなく切れるようになりますよ。
型抜きをしたい時にも凍らせると良いでしょう。

スポンサーリンク

ブラウニーをプレセントするときのベストな切り分け方

ブラウニーはプレゼントやちょっとした手土産にもピッタリですよね。

正方形や細長い形が王道ですが、ハートや星などの型で型抜きしても可愛いですよ!
どの場合でも、断面をキレイに切るのがポイントです。

カップケーキ用の焼き型に生地を流しいれて、一口サイズにしても!

ラッピング方法も!

美味しく焼けて、切り口もばっちりキレイ!
あとは可愛くラッピングすればプレゼントで喜ばれること間違いなしですね。

最後にいくつかラッピングのポイントをお伝えします。

ブラウニーは油分が多いお菓子です。
紙でラッピングする場合は、油染みが出来る素材は避けた方が良いでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAIKO(@maico_masu37)がシェアした投稿

油を通さないフィルム系やワックスペーパーを使うのがオススメです。

 

また、ブラウニー自体が茶色で見た目が少し地味なので、明るい色を合わせるのもポイントです。
ナッツやフルーツ等でデコレーションした場合は、トッピングが見えるように包むとオシャレですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mana︎mi︎☺︎(@maaa___829)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@a87n_9がシェアした投稿

キャンディ包みにしてみたり、和紙で包んでみたり、オシャレな空き缶に入れたり…

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@_y_512_c_cooking)がシェアした投稿

あなたのアイディアでブラウニーを可愛いギフトに仕上げてみてくださいね♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ブラウニーは手軽に美味しく作れて日持ちするので、普段のおやつにもプレゼント用にもオススメのお菓子です。
特にプレゼントで渡す場合は、見た目もキレイな方が良いですよね。
ちょっとしたコツでキレイに切ることが出来るのでぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました