アボカドが腐ってる場合の見分け方! 腐らせない保存方法や食べ頃を見極めるコツ!

料理・食材のあれこれ
スポンサーリンク

森のバターとして知られるアボカド。

その栄養価はとても高く、女性を中心に人気の野菜です。スーパーなどにも1年中売っており、比較的手に入りやすい野菜ですが、いざ食べようと切った時に中が黒ずんでいて「もしかして腐ってる?!」と思った経験ありませんか?

私も以前はどのような状態が腐っているのかが分からず、何度か捨ててしまったことがあるのですが、見分け方を知っておけば無駄になることも防げますよね。

今回は、腐っているアボカドの見分け方や、購入するときにも役立つ食べごろのサインなどをお教えしますね(^^)/

スポンサーリンク

アボカドが腐るとどうなる?食べられるかどうかの見分け方

まず、アボカドが腐った時の症状として、次のようなものが挙げられます。

・酸っぱい味
・鼻をつくツンとした臭い
・汁が出ている
・柔らかすぎる、ジュクジュクしている
・全体的に黒ずんでいる

もし切ったときにこのような状態であった場合は、腐っている可能性が高いので処分した方が良さそうです。

しかし、アボカドは変色しやすい野菜なので、食べても問題のない症状もあります。

・黒色や赤色の筋、点々が出来ている

これは種子に栄養や水分を送るための維管束という組織。この部分は酸化しやすく、黒くなりやすいところです。追熟がうまくいっていなかったり、熟しすぎたアボカドに多い症状です。

・種の周りが茶色い

これも熟しているときにおこる症状です。アボカドにはポリフェノールが多く含まれているため、酸化するとそれが茶色く変色していきます。茶色の状態から更に熟していくと、黒っぽくなっていきます。ここから腐敗が進んでいくので、茶色の時点ではまず食べても問題ないでしょう。

・白くなっている

皮の表面やヘタなどに白いフワフワとしたものが付いていたら、カビの可能性があります。このカビは中にも浸透している可能性があるので食べない方が無難ですね!
フワフワしていない、白い粉のようなものが付いている場合は、病害虫予防の“消石灰”が固まってできたものなので、この場合は問題なく食べられます。

スポンサーリンク

買ってすぐのアボカド傷んでいたら返品できるの?

私の体験談になるのですが、買った当日に切ったアボカドがひどい痛みようで交換してもらったことがあります。
返品・交換はお店のマニュアルによって対応は違うと思いますが、基本的に買った当日であれば可能なことが多いです。

この時に絶対必要なのが、買ったことを証明するレシート!これがないといくら当日でも返品・交換は難しいところが多いと思います。

因みに切ってしまった状態でも返品・交換はできるので、まずは購入先のお店に問い合わせてみるのが良いですね(^^)/

新鮮なアボカドを選ぶ時に見るポイント!

切ってみないと新鮮さが分かりづらいアボカドですが、皮の状態から見極めることもできます。

まずは皮の色ですが、緑のものが新鮮な状態です。アボカドは熟していくと次第に黒っぽくなっていきます。皮の色が鮮やかな緑をしているものほど新鮮なアボカドといえます。

次に皮のハリ具合ですが、固く張りがあるものが新鮮な状態です。熟していくとシワが増えてきます。

最後はヘタの部分です。ヘタの部分を少し押してみて皮と身の間に隙間がないか見ます。
新鮮なアボカドほど皮と身の間が詰まっていて、押しても弾力があります。

スポンサーリンク

アボカドの腐らせない正しい保存方法

新鮮なアボカドを買っても、食べるまでに腐らせてしまっては意味がありませんよね。
冒頭から話していた通り、アボカドの大敵は“酸化”にあります。この酸化を出来るだけ防げば、アボカドを長持ちさせることができます。

まず、冷蔵保存をする場合ですが、皮つきのまま丸ごと保存する場合は、1つ1つラップに包み、野菜室で保存しましょう。

切ったアボカドを冷蔵保存する場合は、変色防止のためにレモン汁をかけ、タッパーや袋容器に入れて出来るだけ密閉し冷蔵庫に入れます。

すぐには食べられない時は、冷凍保存も出来ますよ。同じようにレモン汁をかけたら水分を軽くふき、袋容器に入れて空気をなるべく抜いた状態で冷凍庫に入れます。

解凍する時は冷蔵庫でゆっくり解凍しましょう。ただ、冷凍保存した場合は食感や風味が落ちてしまいます。そのまま食べるよりは、ソースなどにアレンジして食べるのがおすすめですよ。

どこを見れば食べ頃がわかるの?

アボカドは新鮮なものより、適度に熟した方が美味しい野菜です。しかし、切ってしまうと追熟が止まってしまうので、切る前に食べ頃を見極める必要があります。

食べ頃を見極めるためには次のポイントを参考にしてみてください。

・皮の色が深緑~黒の間である
・弾力がありながらも、全体が程よく柔らかい
・ヘタの部分を押したとき、皮と身の間に少しだけ隙間が出来ている

このような状態が一番食べ頃だといわれています。

因みに上手に追熟するためには室温がとっても重要!8度~12度が最も適した温度で、27度を超えると追熟障害が起こり腐りやすくなります。また、4度を下回ると低温障害がおこるので、夏場や冬場は保存場所に注意してくださいね。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?食べ頃のアボカドは、柔らかくてとっても美味しい野菜です。
鮮やかな緑色は、食卓に彩りも添えてくれますよね。変色しても問題なく食べられますが、食事は見た目も大事。
綺麗な状態で美味しくいただくために、今回の記事を是非参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました