卒業式にストッキングは寒い!寒さ対策やタイツではダメかなど足元のマナーを解説!

未分類
スポンサーリンク

もうすぐ卒業式シーズンがやってきますね。
お子様がご卒業される方、おめでとうございます(^^)

そろそろ服装も決まり始めている頃でしょうか。このような場では色々とマナーが気になって迷うことも多いかと思います。

卒業式は3月というまだまだ寒い時期にありますよね。しかも体育館の中は空調設備が不十分で極寒なんてこともよくある話です。
寒さ対策をきちんとして行きたいものですね。

特に冷えるのが足元。一般的にはフォーマルな場ではストッキングを履くことが多いと思いますが、ストッキングって全く防寒対策になりませんよね(^^;
そこで気になるのが、タイツはありなのか?ということ。ストッキングからタイツに変えただけでもかなり温かさが違いますが、マナー的にはどうなのかが気になるところです。

今回は、卒業式にタイツは履いても良いのか、ストッキングの柄や色などのマナーについてと、おすすめの商品もいくつか紹介していきますよ。

スポンサーリンク

卒業式はストッキングだと寒い?タイツではだめ?

結論から言いますと、イツではだめ」という決まりはありません
ただ、一般的な常識ではフォーマルな場ではストッキングを履くことになっているので、非常識と思う方はいるかもしれません。

しかし地域によっては「半分はタイツを履いていた」というところもあるようです。ここはそれぞれの地域性に合わせた方が良いかもしれませんね。

タイツがNGな理由って?

フォーマルスーツにカラータイツはさすがにおかしいですよね。
このような場では黒タイツをチョイスするかと思います。しかし、卒業式は黒、または紺などの暗い色のスーツを着ますよね。その場合足元まで黒いと、まるでお葬式のような暗い印象になってしまいます。

喪服を使いまわそうとしている方は、尚更お葬式感が隠せませんよね。
このような祝いの場では相応しくない格好になってしまいがちです。

また、タイツはストッキングとは違いオシャレ目的で使うアイテムだという認識もあります。このことから、卒業式などにタイツを履いていくことは避けた方が良いのかもしれません。

ストッキングとタイツの違い

そもそもストッキングとタイツの違いって何でしょうか。これは、“デニール”の違いにあります。デニールとは、糸の太さを表していて、その数が多いほど糸が太くなり、つまりは厚い生地になります。

ストッキングとタイツは30デニールで区切られていて、30デニール以下がストッキング、それ以上がタイツとなる訳です。

スポンサーリンク

卒業式のストッキングを選ぶポイント

ここからはストッキングを選ぶ際に気になるマナーについてお話していきますね。

ストッキングの色は?

ストッキングの色はベージュが好ましいとされています。黒いスーツを着ていても足元が明るいだけで印象が変わりますよね。
黒のストッキングを履く方もいますが、先ほどお話ししたように全身真っ黒はお葬式感が出てしまうので避けた方が無難です。

柄ありのストッキングはOK?

卒業式の主役はあくまでも子供です。ママが目立つ格好をするのは避けるべきなので、足元も地味に無地が良いでしょう。

決して無地でないといけない訳ではないので、ワンポイント目立たない柄やストーンなどは大丈夫ですよ。むしろ、エレガントさが出て良いと思います。

ストッキングの理想の厚さってあるの?

卒業式などのスーツに合わせる場合は、25~30デニールのストッキングがおすすめです。ストッキングのギリギリラインですね。

これ以下になってくると段々透け感が出てきます。あまり薄いものは素足のように見えてしまいます。
25~30デニールは、足を綺麗に見せてくれて、尚且つ生地も丈夫なので伝線しにくいという利点もありますよ。

スポンサーリンク

足元をキレイに見せたい!おすすめのストッキング

このストッキングは色々なシリーズがあって使いやすい商品です。

なんといっても伝線しにくいのはありがたいですよね。
使い捨てのように一度履くと伝線してしまうストッキングは多い中、この商品は何回か使いましたが、まだ綺麗なままです。

それから、さりげないストーンが足元を華やかにしてくれる こちらもおすすめ↓↓

足首に柄があると美脚効果もあり、おしゃれにもなりますね(´▽`*)

ストッキングでは寒い!足元の寒さ対策をどうする?

それでも、ストッキングはとっても寒いのが難点です。3月はまだ極寒の季節。どうにか足元の寒さ対策をしたいものです。
ここで、実際のママさん達がやっている防寒対策をお教えします♪

・カイロ・・・
一番は貼るカイロですね!足用のカイロを使っている方は多いようです。足先が一番冷えるので、両足が温まるのはありがたいですよね。貼るときはストッキングの上からだと熱くなりすぎるので、パンプス用の靴下を履くようにしましょう。
これに加えて腰のちょっと下辺りに貼るのも、全身が温まりやすく良いそうです。

・ひざ掛け・・・
ちょっと荷物にはなりますが、1枚あれば全然違いますよね。羽織ってきたコートをひざ掛け代わりに使う人も多いですが、シワ等が気になる方はひざ掛けを持っていくと良いかもしれません。

卒園式にママのコートは必要?上着以外の防寒対策や式典中のマナーについても!
初春という言葉もあるように、年が明けるとなんだか春の声が聞こえてくる気がしますね。 今回は、春の気になる話題の1つ「卒...
スポンサーリンク

どうしても寒さに耐えられない…パンツスーツでいくのもあり?

これまでストッキングやタイツのことについてお話しましたが、パンツスタイルの方もいらっしゃいますよ。寒さに弱い方はパンツスタイルも考えてみてはどうでしょうか。

一般的にはスカートの方がまだ大半いらっしゃいますが、最近ではフォーマルなパンツスーツもたくさん売られています。ピシっと着こなしている姿を見ると、とっても格好良いですよ!

まとめ

色々と話してきましたが結局のところ、タイツを履くか、ストッキングを履くかは本人次第(^^;
「寒いんだから仕方ない!」と思う方はタイツを履いていって良いと思いますし、「やっぱり人の目が気になるから無難にいこう」と思う方はストッキングを履きましょう。

卒業式の時期は、学校のママ友が何人か出来ているでしょうから、その方達に聞いてみるのが一番かもしれませんね。

どちらにせよ、寒すぎて式に集中できなかった・・なんてことがないように、寒さ対策は充分にしましょうね!

タイトルとURLをコピーしました