ぶりしゃぶって生臭い?臭みを抑えておいしく食べるコツ!

料理・食材のあれこれ
スポンサーリンク

お店で食べて美味しいぶりしゃぶを家でも食べようとしたら、ちょっと生臭い?

あるあるですよね。

臭みを抑えて食べるには、タレに工夫したり、薬味を添えると美味しく食べられますよ。

スポンサーリンク

ぶりしゃぶの臭みを抑える!生臭くしないで食べる工夫

ぶりしゃぶがちょっと生臭い、と思ったらちょっとした工夫で食べやすくなります。

冷水にくぐらせる

ぶりをシャブシャブした後、さっと冷水にくぐらせましょう。

このひと手間を加えることで、生臭みを抑え美味しく食べる事が出来ます。

昆布だしとお酒

昆布だしに少しお酒を加えると、ブリの生臭さを抑えることができます。

鍋一杯に作った昆布だしに、お酒をさっと回しかけるようにしましょう。
針生姜を加えるのもおススメです。

これだけでぶりしゃぶの生臭さが気になりません。

ポン酢ともみじおろし

ぶりしゃぶ定番のたれはポン酢ですよね。

もみじおろしをプラスするとピリッとして、ブリの生臭みを抑えることができます。
チューブのもみじおろしでもOKです。

ネギをプラス

長ねぎを白髪ねぎのように細く切って、ぶりと一緒にしゃぶしゃぶしましょう。

ネギがぶりの臭みを抑えてくれるので、美味しく食べる事が出来ます。

しゃぶしゃぶする時に、ぶりでネギを包み込むようにしてもいいですし、シャブシャブした後にネギと一緒に食べてもいいです。

ネギと一緒にシャブシャブした方が、ネギにもさっと熱が通って食べやすいです♪

緑茶でしゃぶしゃぶ

ペットボトルの緑茶を鍋に入れてぶりしゃぶしてみましょう。
緑茶がブリの生臭みを取ってくれます

緑茶パワーがさっぱりとした味わいになるので、生臭みが苦手な人にはぴったりです。

下ごしらえ

買ってきたぶりに酒と塩を振りかけて、1時間ほど漬け込みます

キッチンペーパーでサッとふき取ってからスライスすると、生臭みを抑えることができます。

スポンサーリンク

ぶりしゃぶが生臭いのはなぜ?原因は?

旬のぶりを買ってきたのに、生臭いのはなぜでしょう。
答えは、鮮度が落ちているから。

さばいてから時間が経てばたつほど、ぶりの鮮度は下がります。

ぶりは加熱するとちょっと生臭みが出るのですが、鮮度が落ちていると余計に生臭さが際立ちます。
気になる時は、シャブシャブした後、冷水にサッとつけてから食べると匂いが抑えられます。

ぶりの身にも気を配りましょう。
ぶりしゃぶに適しているのは、ぶりの腹側です。

皮の色が白い方が腹側です。
脂がのっていて、ぶりしゃぶとして美味しく食べる事が出来ます。

ぶりしゃぶをする時は、腹側で血合い(皮と身の間にある赤い部分)が真っ赤なものを選びましょう。
ぶりしゃぶ用のぶりがない場合は、刺身用でOKです。

スポンサーリンク

残ったぶりをおいしく食べる方法

どうにもぶりの生臭みが気になって食べきれない人は、別の料理にリメイクしましょう。

ブリ照り焼き丼

【材料】
ぶりしゃぶ用ぶり  適量
酒       大さじ2
おろししょうが 小さじ1
砂糖・みりん・しょうゆ 大さじ 各1

【作り方】
・酒とおろししょうがを混ぜ合わせ、ぶりを漬けます。

・フライパンに油(適量)を熱して、ぶりに火を通します。

・砂糖、みりん、しょうゆを加えてさっと煮詰めます。

・ご飯をよそってぶりの照り焼きを乗せ、お好みで海苔や七味を散らすと出来上がりです。

竜田揚げ

【材料】
ぶりしゃぶ用ぶり 適量
しょう油・砂糖 大さじ1
おろし生姜・おろしにんにく 小さじ1
片栗粉  大さじ1

【作り方】
・しょう油、砂糖、おろし生姜、おろしにんにくを混ぜ合わせ、ぶりを漬け込む。

・ぶりに片栗粉をまぶして、油で揚げる。

・小口切りしたネギや、カイワレ大根を散らしても美味しいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ぶりしゃぶが美味しいのは、新鮮なぶりを使ってしゃぶしゃぶするからです。
子どもにとっては、ちょっと癖のある食べ物かもしれません。

ぶり丼もぶりの竜田揚げも、お弁当のおかずにもなるボリュームある一品です。
生が苦手な子どもには、味をしみこませて加熱した方が食べやすいかもしれませんね。

いずれにしろ旬のぶりを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました