大豆ミートのそぼろの戻し方は?下処理のコツや戻した後の保存方法

料理・食材のあれこれ
スポンサーリンク

今流行りの大豆ミートですが、下処理はとても簡単で普段の料理にとても使いやすい食材です。
下処理のポイントは、「茹でる」「洗う」「絞る」です。

ただ、そぼろタイプは茹ですぎると形が崩れ、扱いづらくなってしまうことも。
また、下処理が不十分だと独特なクセが残ってしまいます。

この記事では、

1. 大豆ミートのそぼろの戻し方
2. よりおいしく食べるための戻しかたのコツ
3. おすすめレシピ

などをわかりやすくお伝えします。

ひと手間加えることで、独特なクセをなくし大豆ミートをよりおいしく食べられる内容になっていますので、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

大豆ミートのそぼろの戻し方

大豆ミートのそぼろは他の乾物同様、とても簡単に料理しやすい状態に戻すことができます。
各メーカーの大豆ミートの種類にもよりますが、「茹でる」「洗う」がポイントです。

戻し方の方法は3パターン

1. 水かぬるま湯に浸して戻す
2. 熱湯で茹でて戻す
3. ぬるま湯につけて戻した後に、さらに熱湯で茹でる

熱湯で茹でる際は、中火で23がおすすめです。

あまり茹ですぎると、ミンチタイプは形が崩れてホロホロになってしまいます。

ホロホロになると大豆ミートがまとまらず、料理しづらい難点があります。
茹で時間には気を付けてくださいね。

その後茹で上がった大豆ミートは、

1. ザルに移しかえて水を切る

2. 黄みがなくなるまでよく水洗いを行う

3. しっかりと水気を絞る

以上の工程を終えると、下味をつけたりして料理に取りかかることができます。

野菜など切って待っている間に、簡単に使い勝手の良い状態に戻すことができますよ♪

スポンサーリンク

大豆ミートの戻し方の基本がわかりましたので、よりおいしく調理できるポイントをお伝えしていきます!

大豆ミートをおいしく食べるための戻し方のコツ

大豆の独特なクセがありますので、調理前の段階で「クセ」を取り除くことが重要です。

そのポイントは、戻した後によく洗い、水気をとること

まずは
お湯から上がった大豆ミートの水分を絞りましょう
熱々の水分を絞って、水を排出することが大切です。

大豆ミートの中はまだ熱々の状態ですので、
火傷に気を付けてくださいね。

ボウルなどの中に水を張り、その中で大豆ミートを絞るのもOK。
さらに流水した状態で絞ると熱くないので、よりしっかり絞れておすすめです。

ボウルの水を新しく入れ替える→絞る
この工程を、最低でも3回は行ってください。

大豆ミートのそぼろは小さく柔らかいので、3回くらいでクセは取り除けます。

ちなみに大きいブロック上のものの下準備は、5回ほどこの工程を繰り返すことをおすすめします。

熱い水分を含んだままだと、クセが残ってしまいますので、
よく洗いしっかり絞る!というポイントを覚えていてくださいね!

スポンサーリンク

大豆ミートそぼろを活用しよう!

おいしく下処理が出来た大豆ミートは、様々な料理に活用することができます。

・ハンバーグ
・そぼろご飯
・キーマカレー
・ミートパスタ

など、そぼろタイプの大豆ミートはひき肉と同じ感覚で使えます。
ひき肉の代わりに使うと、とても低カロリー高タンパク質のメニューに早変わりしますよ!

その中でもおすすめなレシピは、
「大豆ミートで作るタコライス」です。

簡単な調味料で作れますし材料も少ない時短レシピです!
ケッチャプとウスターソースを混ぜて味付けすることで辛味もなく、小さいお子様にもおすすめです。

【大豆ミートタコライスの作り方】

1)大豆ミートとみじん切りにした玉ねぎを炒める。

2)火が通ったら、ケッチャプ・ウスターソースで味付けを。

3)ご飯の上にレタスやキャベツなどの葉物野菜を乗せ、大豆ミートをオン!

トマトをトッピングすると見た目はタコライスそのものです。

その他、肉味噌などにし作り置きおかずとしてもおすすめです。

大豆ミートを戻した後の保存方法は?

大豆ミートを一気に、戻したが使い切れなかった場合におすすめなのが「冷凍保存」です。

ポイントは、塩コショウなどで下味をつけておくこと
そうすると、解凍したとき調理が楽になります。

保存するときは、冷めてからジッパー付きの袋に入れましょう。
その際平らにして保存すると、使いたい分だけパキっと折って解凍することができるのでおすすめです。

大豆ミート自体は、常温で保存期間が長いものですので使用する際はレシピによって戻す量を調整してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

大豆ミートは、初心者にも簡単に調理ができる食材でしたね。
ひき肉料理を大豆ミートに変えるだけでレシピの幅が広がります。

大豆食品ですので独特のクセがありますが、戻し方次第でとてもおいしく食べられますよ。

ポイントは、「よく洗い・水分をよく絞ること」
ひと手間加えるだけでとてもおいしく食べられますので、是非大豆ミート料理に挑戦してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました