【バレンタイン】遠距離彼氏に郵送する際の注意点と彼が喜ぶ+αのテクニック!

イベント
スポンサーリンク

今日は「遠距離の彼氏にギフトを郵送する際の注意点」がテーマです。

彼が喜ぶちょっとしたコツも紹介しますので、遠恋中の女性はぜひご期待を♡

遠く離れていても心だけは彼氏のそばに置いておきたい。
SNSやチャット以外の方法で、愛情をちゃんと形で表したい。
そんな思いをご一緒に叶えましょう。

スポンサーリンク

♡遠恋中の彼氏にバレンタインの贈り物を送る際の3つの注意点

1.彼氏が荷物を受け取れる日を把握する
バレンタインの贈り物を郵送などで送る場合、最も重要なことは「確実に受け取ってもらえる日」を把握しておくことです。

定時に帰宅できないことが多いとか、急な出張が入りやすい男性と付き合っている方は注意が必要です。せっかく愛を込めて準備したバレンタインギフトが、いつまで経っても受け取ってもらえないことになれば辛いですね。

配送業者と彼氏の間でうまく連絡がつかなければ、荷物が送り主の元に返されることもあります。

2.最短到着日と時間をあらかじめ調べておく
基本的に宅配便は到着日時を指定ができます。ただし指定できる最短日時は地域(距離)によって違いますので、注意が必要です。

国内であればほとんどの荷物が「最短で翌日にお届け可」か「最短で翌々日(2日後)にお届け可」のどちらかに当てはまります。なお送り先が海外の場合は、輸送に5日以上かかるケースもあります。

3.配送業者は早めに決める
彼が喜ぶバレンタイン企画は、あなたの気持ちが詰まった贈り物を遠距離彼氏がばっちり受け取ってくれることで企画完了→大成功となりますヾ(@⌒―⌒@)ノ

★郵送(ゆうぱっく)を利用するなら
「ゆうぱっく」は郵便局と大手コンビニのローソンから送ることができます。ただしローソンから発送する場合は、「発送用の伝票」はお店のものを使用しましょう。郵便局に設置されている伝票だと、レジでバーコードを読み取れないことがあります。

ゆうぱっくの特徴は、大きさを測るだけで受付完了となる点。つまり「重さは計らない」ということになります。だから小さくコンパクトに収めた荷物は、多少重くてもリーズナブルな価格で送ることが可能です。

「他の配送業者と比べて100円とか150円安く済んだ♪」と言う人も時々見かけることがあります。ただ、重すぎる荷物は受け付けてくれません。ゆうぱっくとして送ることができる重量は25㎏までです。

★ほとんどのコンビニが取り扱っているのは、クロネコヤマトさん
コンビニで取り扱っているのは、ほとんどがクロネコヤマトです。最大手であるセブンイレブンを始めファミリーマートやデイリーヤマザキなど、ローソンを除くほとんどのコンビニがクロネコヤマトの宅急便を扱っています。

ファミマなら荷物を送ってTポイントも貯められますよ。
参照サイト/ www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/point/

スポンサーリンク

♡バレンタインのラッピングや梱包はどうしたらいいの?

★梱包は二重にすると安心!
荷物はしっかりとした袋や段ボールで送るのが基本です。ただし、中に入っているのは大切なバレンタインの贈り物ですね。大切に守るためにも梱包は二重にしましょう。

二重にしてみて中身がガサガサ動く場合は、市販のプチプチロールなどですき間を埋めます。ちょっとオシャレに英字新聞を丸めて入れるという方法もありますよ。

★ラッピングのポイント
遠恋カップルの場合、バレンタインの贈り物を手渡しすることができないという事情がありますね。大きなリボンや装飾品を付けると、到着した頃にはペッタンコになっていたり取れてしまっていたり…ということになりかねません。

・しっかりとした素材の包装紙を選ぶ。
・派手な装飾は避ける。
この2つを念頭に置きつつ、あなたカラーがしっかり出せるラッピングを選ぶようにしましょう。

ラッピングのhow to が知りたい方はこちらをどうぞ↓
参照サイト / https://www.lets-wrapping.jp/index.html

市販のチョコを送る場合は…

市販チョコの良さは3点!(^v^)

・どれにするか選ぶだけで良いから、手間がかからない。
・見た目や味に心配がない。
・ラッピングの心配がない。

ほとんどの場合、バレンタインギフトはラッピングまでお願いできます。百貨店はもちろん、ネット通販でも多くの店舗でラッピングサービスを受け付けています。

手作りチョコを送る場合は…

手作りチョコは「作る段階」から愛が込められる!(#^^#)

手作りチョコの場合は、市販品のように「選ぶだけ」でなく「作る」という工程が入ります。だから手間がかかって大変ということになりますが、愛を形で表すには手作りチョコの方が適していますね。

特に遠恋カップルの場合は、普段おうちデートもできないし、大好きな彼のために手作り料理をふるまってあげることもできません。そんな物足りなさをバレンタインの機会に埋めることができれば、きっと2人の距離は縮まります。

スポンサーリンク

♡チョコ以外に贈るなら何にする?何が向いてる?

「バレンタインにチョコ以外のものも用意したい」と考える女性はかなり多いようです。チョコと一緒に同封しやすく、しかも彼に喜んでもらえるものをいくつか紹介しますね。

・マフラーや手袋などの防寒グッズ

 

・靴下

 

・財布

 

男性の多くは、バレンタインに高価すぎるプレゼントをもらうと「恐縮する」「怖くなる」「重い…」と感じるそうです。特に遠距離の場合は、交通費や宿泊費を貯めるために節約する必要もありますので、彼女が贈り物にどかーんとお金を使うのを見ると彼氏は引いてしまいます。

♡遠距離の彼氏を喜ばせるちょっとした愛されテク

遠距離彼氏にとっては、バレンタインの贈り物が送られてきたこと自体が嬉しいことです。
でも、さらに彼氏を喜ばせたいという女性は「彼女だからこそできる気遣い」を彼に感じさせる工夫をすると良いですよ。

たとえばハードワークが続いてお疲れ気味の彼なら、サプリメントを一緒に入れてあげる。
本当は和菓子の方が好きという彼なら、チョコ&和菓子の組み合わせにしてあげる。
寒がりの彼のためにホッカイロを入れてあげる。

…などなど。

こういう気遣いは、普段からコミュニケーションを密に取っている彼女にしかできませんよね。「俺のことを一番わかってくれる人は彼女しかいない」と思ってもらうことができれば、2人の絆をもっともっと強くなります。

タイトルとURLをコピーしました