めんつゆをお弁当に使う時の持って行き方!残った汁はどうする?

スポンサーリンク

夏になると食べたくなるそうめん。
食欲がない時にも食べられるので、お弁当にも持って行きたいですよね。

そこで困るのがめんつゆ。
液漏れしたり、ぬるくなったり、色々問題がありますよね。

めんつゆは密閉できるスープジャーに入れるか、ペットボトルに入れて、冷凍庫で1時間凍らせてから持って行きましょう

食べて残った汁は排水溝に流すのはNGです。
密閉できる容器に入れるか、ティッシュなどに吸わせてから持ち帰りましょう。

めんつゆの持って行き方などについて、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

めんつゆを使ったお弁当!持って行き方や容器はどんなものがいい?

そうめん弁当でめんつゆを持っていく時は、密閉できるスープジャーかペットボトルに入れていきましょう

スープジャーは保温保冷ができて、しっかり密閉できるものにしましょう。

そうめんをつけて食べる時、底までが深すぎると食べにくいです。
逆に浅くて横に広いものは、こぼれやすくなります。

スープジャーはコップかお椀ぐらいの大きさのもがいいでしょう。

普通の弁当箱に、めんつゆは別持ちでもOKです。
ペットボトルや、密閉できるタレ容器やボトルに入れましょう。

ペットボトルなら、350mlサイズ。
タレ容器やボトルなら、300~400mlサイズのものにしましょう。

冷凍庫で1時間ほど凍らせておくと、液漏れの心配もなくなります。
保冷剤の代わりにもなるので、おすすめですよ。
昼に食べる頃にはちょうどとけて、冷えためんつゆで食べられます♪

お弁当のそうめんにドバっとめんつゆをかけても食べられますが、せっかくならお椀も持参しましょう。

小さいですが、紙コップでもOKです。
おすすめなのは、豚汁などを食べる用のプラ製お椀です。

100均でも売っていますし、使い捨てできるので衛生的ですよ。

スポンサーリンク

お弁当にめんつゆを持って行く際の注意点

めんつゆを持って行く際の注意点です。↓

・必ず保冷する
・水筒にめんつゆを入れない
・めんつゆを完全に凍らせない

めんつゆもそうめんも、腐りやすく、食中毒になる恐れがあります。

そうめんや具材はしっかり水を切り、めんつゆとしっかり冷やしながら持ち歩きましょう。
保冷剤、保冷バッグに入れるなどして、直射日光の当たらない涼しい場所に置くようにしましょう。

保冷してくれるし、水筒に入れてもいいんでは?と思われるかもしれません。
残念ながら、水筒にはめんつゆを入れてはいけません

めんつゆやみそ汁など、塩分を含む液体は水筒の金属を傷めてしまうだけでなく、食中毒を引き起こす可能性もあります

水筒に臭いや色も残ってしまいそうですしね。

ペットボトルなどにめんつゆを入れて凍らせる時、完全に凍らせてはダメです。
昼ごはんの時にはまだとけておらず、そうめん弁当が食べられなくなってしまうからです。

めんつゆを凍らす時は、冷凍庫で1時間ほど
2~3割凍らすようにしてくださいね。

スポンサーリンク

そうめん弁当で残った汁はどうする?

めんつゆが残ってしまった時は、密閉できる容器に戻して持ち帰りましょう。
少量なら、テッシュなどに汁を吸わせてから持ち帰ってもいいでしょう。

持ち帰り用に、密閉できるジッパーバッグを持参すれば、液漏れの心配もなくなりますね。

ちなみに、職場や学校の排水溝には絶対流さないでください
マナー違反です。

残ったそうめんや薬味で排水溝が詰まる可能性があるので、必ず持ち帰ってくださいね。

スポンサーリンク

そうめん弁当に便利な弁当箱の紹介

そうめん弁当に便利な弁当箱はこちら↓

・スケーター ステンレス丼ジャー


シンプルなデザインで、老若男女使えそうです。

・ジェルクール ヌードルランチ 


めんつゆは別持ちになります。
そうめんと具材を分けて入れられるのがいいですね。

・LB 木目ランチ


めんつゆは別持ちです。
長細いので、カバンに入れやすそうです。

まとめ

そうめん弁当のめんつゆは、密閉できるスープジャーに入れるか、ペットボトルなどに入れて凍らせてから持って行きましょう。

めんつゆを凍らす時は、冷凍庫で1時間ほど。
全部冷凍すると食べる時に解凍できておらず、食べられないので気を付けてくださいね。

残っためんつゆは、捨てずに持ち帰りましょう。
少量ならテッシュなどに吸わせ、密閉できる容器やジッパーバッグに入れると液漏れの心配がなくなりますよ。

良かったら試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました