コーヒーゼリーが固まらない!固まる時間やコツを解説!失敗作のアレンジも!

スポンサーリンク

コーヒーゼリーが固まらない原因は主に、ゼラチンと温度にあります。

ゼリー液の温度が高いうちにゼラチンを入れてしまったり、そもそもゼラチンの量が少なければ
コーヒーゼリーが固まらなくなってしまいます。

せっかく時間をかけて作ったのに、固まらないとガッカリしてしまいますよね・・・

この記事では、
・コーヒーゼリーが固まらない原因
・固めるコツやポイント
・失敗したときのアレンジ術
などを解説しています。

コーヒーゼリーがなかなか上手に作れない人や失敗してしまった人、これから作りたい人もぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

コーヒーゼリーが固まらないのはなぜ? ゼラチンは追加する?

コーヒーゼリーが固まらない原因は、主に下記の通りです。

・まだ固まっていない
・ゼラチンを加熱しすぎた
・ゼラチンの量が少ない
・ゼラチンが混ざっていない
・溶けていない

詳しくみていきましょう!

まだ固まっていない

ゼリーが固まる温度ですが、15℃~20℃だと言われています。
温かいままゼリーを冷蔵庫に入れると、冷え固まるまで時間がかかります。

つまり、取り出したときはまだ固まっていないだけかもしれません!
1日冷蔵庫に入れてみましょう。

もう少し冷やしてみたり、後述する時短法を試してみてはいかがでしょうか。

それでも固まらなかったら、ゼラチンを加熱しすぎたか、量が少ないのかもしれません・・・

ゼラチンを加熱しすぎた

ゼラチンはタンパク質で出来ています。
加熱しすぎたことでこのタンパク質の性質が変化してしまい、固まらなくなってしまうことがあるのです。

ゼリー液を沸騰させた直後にゼラチンを投入すると、固まりにくくなってしまうんです。

私も以前やってしまったことがありました・・・(泣)

もしゼリー液を沸騰させてしまったときには、70℃程度まで冷ましてからゼラチンを入れると良いですよ!

ゼラチンの量が少ない

ゼラチンの適量は他の材料の水分の約2〜3%です。
それより少なくしてしまうと、固まらなくなってしまう場合があります。

ゼラチンの量が原因で固まらなかったときは、もう一度ゼリーを温め、ゼラチンを追加してみましょう!

その際は、沸騰しないように注意してくださいね。

ゼラチンが混ざっていない・溶けていない

ゼラチンがしっかり混ざっていない、または溶けていないと、固まりにくくなってしまいます。

ゼラチンは完全に水に戻すか溶かし、他の材料とよく混ぜてくださいね。

スポンサーリンク

コーヒーゼリーが固まる時間はどれくらいか

ゼリーがしっかり固まる時間は、約2~3時間ほどです。

しかし、温かいままのゼリーを冷蔵庫に入れると、冷え固まるまでにもっと時間がかかる場合もあるかもしれません。

そんなときは、冷蔵庫に入れる前に氷水に浸したりして粗熱を取ってあげると、より短い時間で固めることが出来ます。

冷凍庫に入れてもいいですが、冷やしすぎると凍ってしまうので、適度に固まったら冷蔵庫に移しましょう

スポンサーリンク

コーヒーゼリーを作るときのポイントやコツ!

コーヒーゼリーを上手く作るポイントは下記の通りです。

・しっかり量を計る
・よく混ぜる
・コーヒーは普段飲むものよりも少し濃いめに作る

まず、分量をしっかり計りましょう。
特にゼラチンの量は失敗の元になりやすいので、他の材料の水分の2~3%になるようにきっちり計りましょう。

また、材料はよく混ぜましょう
しっかり混ぜないと、これまた固まらない原因になります。

最後に、コーヒーはいつもより少し濃いめに作ると良いでしょう。
他の材料と合わさることでコーヒーが薄まってしまうためです。

濃すぎると今度は苦くなってしまいますから、好みの濃さを探してみてくださいね!

コーヒーゼリー失敗したもののアレンジ術

固まらなくなってしまったゼリーは製氷機に移し、冷凍庫で凍らせてみましょう

出来た氷をコーヒーに入れることで、薄まらないアイスコーヒーを作ることが出来ます。

また、自家製コーヒーゼリーによくあるのが、想定していたよりも苦くなってしまうこと。

苦すぎて食べられない!というときにはパフェにするはどうでしょうか。

崩したコーヒーゼリーの上に市販のアイスクリームや生クリームを乗せるだけで、ミニパフェの完成!
アイスや生クリームで苦さが調節できて、食べやすくなります。

それから、普段飲んでいるコーヒーに入れるのもおすすめです。

レシピは簡単!
細かく崩したコーヒーゼリーをコーヒーに入れるだけです。

ストローで吸うとつぶつぶした食感が楽しめ、苦みも抑えられて美味しいですよ!

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーゼリーを上手く作るコツは、しっかり計量することです。

気をつける点の多いコーヒーゼリーですが、一手間でしっかり固まった美味しいゼリーが作れます。
自家製は自分好みのものが作れるのが良いところですよね。

失敗してもアレンジで美味しく食べられますから、ぜひ試行錯誤しながら自分だけのコーヒーゼリーを作ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました