卒業式での母親のコートの色はベージュや白でもOK?マナーや選び方で気を付けるポイント!

季節の行事
スポンサーリンク

「卒業式にコートを着ていきたいけど、マナーはあるの?」

「スーツに合わせても大丈夫なコートの種類は?」

卒業式シーズンである3月は、まだコートを羽織りたくなるような肌寒い日もありますよね。
お子様の卒業式に、どんなコートを着ていけばいいか悩むことはありませんか?

この記事では、卒業式に着るコートにマナーがあるのか、また色や種類、丈といったコートを選ぶポイントについて、詳しくご紹介します。

この記事を読めば、お子様の卒業式で着ていく服装に関する不安もなくなり、安心して当日を迎えることができますよ!

スポンサーリンク

卒業式で母親のコートの色は?ベージュや白でもいい?

卒業式用のコートを選ぶ際、まず心配なのが「色」ですよね。
NGのカラ―など、マナーはあるのでしょうか?

基本的には、コートの色に細かい決まりはありません。

しかし、卒業式は「教育課程の修了を認め、卒業証書を授与する」厳かな式典ですので、上品でシックな色みのものを選びましょう。

おすすめは、黒やネイビー、グレーあたりの暗めのトーンのもの。基本的には、下に着用するスーツの色に合わせるのが安心です。

では、ベージュや白といった明るめの色のコートはどうでしょうか。

ベージュや白は明るい色の中でも落ち着いた印象を与えるので、卒業式で悪目立ちすることもなく、問題なく着用できるでしょう。

柔らかな印象になるので、最近はベージュや白のコートを着るお母さんも増えているようです。

一方で、場にふさわしくない派手な色のコートは避けるようにしなければなりません。

例えば、「赤」「オレンジ」「ピンク」といった華やか過ぎる色のものや、アニマルプリントのような派手な柄物も避けましょう。

スーツに合うコート選びのポイント

卒業式では、保護者はスーツを着用するのが基本です。では、スーツに合うコートには一体どんな種類があるのでしょうか?

スーツに合うコートの種類

スーツの上からコートを着用する場合、デザインはシンプルでオーソドックスなものを選ぶ必要があります。

オススメは、以下の2種類です。

卒業式にオススメのコート① フォーマルコート

フォーマルコートとは、その名のとおり「フォーマルなセレモニーで着用するコート」のこと。
慶弔問わずさまざまな式典で使用できるよう、色はブラックが基本でシンプルなデザインのものが多いです。

卒業式はフォーマルな式典なので、フォーマルコートを選べばまず安心です。

フォーマルコートは卒業式だけでなく、入学式や冠婚葬祭などさまざまな場面で使えるので、1着用意しておくと便利ですよ!

では、卒業式に着ていくのにオススメのフォーマルコートを何点かピックアップしてご紹介しますね♪

・カシミヤ混ウール ブラックフォーマルコート

歳を重ねてもいつまでも使い続けられる、人気の定番タイプのフォーマルコートです。
ゆったりしたシルエットで下にスーツを着ても安心な上、シンプルなデザインが体型をスッキリと見せてくれます。

 

・キルティングライナー付きクロスマフラーカラ―フォーマルロングコート

目立ちすぎないクロスカラーで首元を上品に隠してくれる、高級感のある一着です。取り外し可能なキルトライナー付きなので、気温の変化にも対応可能。定番ではなく少し個性が欲しいという方にもオススメです。

 

卒業式にオススメのコート② スプリングコート

2つ目のオススメは、「スプリングコート」です。

スプリングコートとは、文字通り「春用のコート」のことで、冬用のコートよりも薄手で軽やかに羽織ることができるのが魅力。卒業シーズンの季節感とぴったりマッチします。

スプリングコートにもさまざまなタイプがありますが、卒業式で着用する際は、「シンプルできちんと感のある」デザインのスプリングコートを選ぶのが大切です。

世代を問わず人気のある「トレンチコート」もスプリングコートの1つで、暖かい日の卒業式にぴったりのコートです。

スプリングコートについてもおすすめを何点かご紹介しますね♪

・カシミヤブレンドウール ステンカラー ハーフコート

20代~60代まで世代を問わず使える、シンプルで上品なデザインのステンカラーコートです。カシミヤを織り交ぜたウール素材なので、肌触りも良く、春先の少し肌寒い季節にもぴったり。Aラインなのでスッキリ見えるのが嬉しいですね。

 

・ライナー付き トレンチコート

こちらのトレンチコートも、気候に合わせて取り外しが可能なライナーが付属されているので、シーズン問わず着用ことができます。値段はお手頃ですが、生地がしっかりしていて高級感があり、フォーマルな場面にも大活躍してくれますよ!

 

・圧縮ウール100% ノーカラーロングコート

こちらのノーカラーコートは、ロング丈ではありますが圧縮ウールの生地が非常に軽く、畳んでもかさばらず、脱いで持ち歩くのにも負担になりません。少しゆったり目のシルエットになっているので、スーツの上から着るのにも最適です。

スポンサーリンク

卒業式で着るコートの丈は?

コートの丈にも特に決まりはありませんが、オススメは「ショート丈」か「ミドル丈」でしょう。

なぜなら、卒業式の会場内ではコートを脱ぐのがマナーであるため、あまり長い丈のコートだと畳んだときにかさばって邪魔になってしまう場合があるからです。

大切なお子さんの卒業式に集中するためにも、コンパクトにまとまりやすいコートを選ぶのがいいですね!

ダウンコートはありかなしか

3月だと、「まだダウンコートを着たいくらい寒い…」という日もありますよね。

ダウンコートは最強の防寒アイテムなので着ていきたい気持ちも分かりますが、とてもカジュアルなコートなので卒業式には向きません

せっかくの子供の卒業式でブルブル震える思いはしたくない…というときは、暖かい素材でできており、かつデザインのシンプルなコートを選ぶのがよいでしょう。

具体的には、チェスターコート、スタンドカラ―コート、ノーカラーコート、ステンカラーコートなどがオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、卒業式で母親が着るコートのマナーや、色や種類など、選ぶポイントについて解説しました。

お子様の学生生活最後の日である、卒業式。それなのにお母さんが目立ってしまった…ということのないよう、適切な服装で出席して、思い出に残る素敵な1日にしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました