ワックスペーパーとクッキングシートの違いって?代用になるかやオーブンでの使用について!

スポンサーリンク

ワックスペーパーとクッキングシートは隣同士で売っていることが多いですが、実際どのような用途で使い分けていいか悩みませんか?

ワックスペーパーは可愛い柄が多く、ついつい集めてしまったりしてしまいますよね。

ワックスペーパーとクッキングシートを比較し、どのような点が似ていて、どのような点が異なっているのか調べました。
さらに、代用品についてもまとめましたので、上手に使い分けられるようになりましょう!

スポンサーリンク

ワックスペーパーとクッキングシートの違いとそれぞれの使い道

ワックスペーパーとクッキングシートの原料は、グラシン紙という紙です。
2つの違いは紙を加工する方法なんです。

油を弾くワックスペーパー

ワックスペーパーはグラシン紙にワックスを漬け込ませています。
ワックスはろうそくと似たような成分を使用しています。

80度で溶かしたワックスに漬け込むことにより、水が染み込まず、油をはじきやすい紙になります

カラフルで多様な柄が多く売られており、主にお菓子の包み紙に使われますね。
我が家では、お皿の上に直接お菓子を乗せるのではなく、ワックスペーパーをお菓子の下に敷いています。
こうすることで、可愛くなり、お皿もお菓子の油でべたべたしにくくなります。

揚げ物をお弁当に入れたいときは、底にワックスペーパーを敷いておくと、油でお弁当箱が汚れにくくなります。柄や色味のあるワックスペーパーを使うことでお弁当は華やかに、またお弁当箱を洗うのも洗いやすくなるんですよ(*^-^*)

好きな柄でサンドウィッチを包んだり、お弁当の仕切りに使ったりするのもいいですね。

ワックスペーパーはオーブンで使えない!

ワックスペーパーは、高温調理や温度が高い料理を乗せておくことには適していません

染み込ませた薬品の耐熱温度が80度のため、オーブンなどの高温調理での使用は、その薬品が溶けだしてしまう可能性があります。

溶けだしてしまうと、薬品が食品についてしまい燃えてしまったり、健康被害も心配です。

ワックスペーパーをオーブンで使用するのは控えましょう

祖熱を取り、冷えた状態のものに利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

クッキングシートはオーブンやレンジでも使用可能

クッキングシートは、グラシン紙の表面にシリコーンという薬品を塗って製造しています。
ワックスペーパーと同様に水や油がはじきやすくなります。

シリコーンの耐熱温度が種類にもよりますが、200~400度です。
そのため、オーブンや電子レンジで加熱する場合や、揚げ物や天ぷらを揚げた後に置いておくのに使用することができます
(耐熱温度は商品によって異なるため確認してから使用するようにしてください。)

耐熱温度が高いことから、再加熱する予定のあるお弁当にも使用することができます。

「クッキングペーパー」という名前でも売られています。

ワックスペーパーはクッキングシートの代用になる?

触った感じ、同じような見た目から、用途も同じと思われがちかもしれません。

けれども前述したように、ワックスペーパーは高温に弱いです。
そのため、食材が熱いもの、高熱になる調理法に使用することはできません。

そういった観点でみると、代用は不可と言えます。

クッキングシートよりも手軽に手に入れることができるからこそ、高温のものを乗せない等気を付ける点を押さえていれば、見た目が可愛く、食卓が華やかになりますよ!

クッキングシートの代用になるもの

ここでは、高熱調理で利用するクッキングシートの代用として使える物をご紹介します。

・オーブンでのクッキングシートの代用
アルミホイルでの代用がおすすめです。
熱に強いため、オーブンやオーブントースターで使っても焦げてしまう心配はありません。
ただし、アルミホイルは食品とくっついてしまうことがあるため、そこがデメリットです。

そういう場合は、鉄板に薄くバターや油を塗って活用してみてください。
鉄板を用いる場合、古いものだと裏面が焦げやすいため、注意が必要です。

クッキーやピザ、パン等の成形するものには鉄板を用いて、
ロールケーキのように生地が緩いものには、アルミホイルを用いるのがいいと思います。
用途に合わせて使い分けてみてください。

※電子レンジでは、金属は加熱すると火が出ることもあるので、使用しないようにしてください。

・落し蓋でのクッキングシートの代用
煮物等をするときに、クッキングシートで落し蓋をする人もいますね。

代用品としては、リードペーパーやキッチンペーパーを使ってみてください。
リードペーパーはアクも吸収してくれるため、クッキングシートよりも使い勝手がよかったりします。

スポンサーリンク

まとめ

ワックスペーパーとクッキングシートは同じような色や質感のため、同じような用途で使えると思いがちです。
しかしワックスペーパーは高温に弱いため、注意が必要です。

クッキングシートはワックスペーパーに比べ、万能でさまざまなものに使用できます。

一方で、コストを比べるとワックスペーパーの方が安く売られていることが多いため、すべてクッキングシートで使用するのではなく、柄の可愛いワックスペーパーも上手に使用していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました