ダイソーのワイヤーネットと突っ張り棒で棚をDIY!収納スペースできた♪

100均
スポンサーリンク

100均大好きです❤
100均のグッズはほんっっっとうに多種多様で、便利なものがたくさんありますね。
それ自体でも充分便利ですが、他のものと組み合わせたりアレンジすると、より使いやすいものができたりします。

今回は、100均のダイソーで買える突っ張り棒とワイヤーネットにちょっと工夫を加え、棚を作る方法をご紹介します。簡単過ぎるけど、有効に使えるDIYアイデアです。

スポンサーリンク

食器棚のデッドスペースに棚を設置

細々した物が多く、収納しづらかったキッチンボードや食器棚に、ダイソーの突っ張り棒とワイヤーネットを使って、収納スペースを作りました。
デッドスペースを有効に使って、軽い物を置けるようになりました♪

軽い物だったら、S字フックなどで吊り下げ収納も一緒にできます。

【必要な物】
・ダイソーの突っ張り棒2本、
・ワイヤーネット2枚
・結束バンド
・はさみ

【作り方】
1、ワイヤーネットを半分に折り曲げる(折り曲げなくても可)

2、突っ張り棒を2本、ワイヤーネットの間に挟む

3、結束バンドでワイヤーネットと突っ張り棒を固定する

4、デッドスペースに突っ張って高さを調整して出来上がり

工夫した点は、ワイヤーネットの幅が大きかったので折り曲げたところ。

大した工具なども必要なく、ぱぱっとできてしまいます。

特に子供がいると食パン、菓子パンが嵩張り、引き出しにも入らずにプチストレスになっていましたが、収納力が格段に上がって楽になりました。
狭い家だと新しく収納用品を増やすこともできないですしね……

見栄えは悪いので、棚自体が見えないように、もう一本突っ張り棒をしてミニカーテンを付けようかと思います。そうすれば来客時にも気にならなくなりますね。

突っ張り棒はほんとに便利。
デッドスペースを見つけたら同じように、収納スペースを増やしていけます。

スポンサーリンク

シューズボックスの棚を増設

子どもが大きくなるにつれて靴が増えていき、シューズボックスの収納力が限界を迎えました。
少しでも収納場所確保するため、増設しました。

シューズボックスに釘などで穴を開けることなく、棚を簡単に増設できたので満足★
手順は以下の通りです。

【必要な物】
・ダイソー突っ張り棒18~27㎝(帯荷重1キロ2本セット)
・S字フック2つ
・その他各100均の同サイズ突っ張り棒を偶数個用意

【作り方】
1、増設したい棚の横幅にあった突っ張り棒を偶数本用意。

2、棚の横幅に合わせて、2本平行に突っ張る。
奥の棒を手前の棒より少し低くセットしたほうがベター。

3、斜めになっていないか確認し、靴をセットする。S字フックを棒に引っかける。

棒の上に板やワイヤーネットを渡せば小さい靴でも置けるので、必要ならばセットする予定です。

シューズボックスから溢れていた靴が片付きました。たった4、5足靴が片付くだけでも、玄関のスッキリ感が全然違いますね。穴をあけたり、傷つけたくない場合には突っ張り棒が役に立ちます。

スポンサーリンク

壁掛け用ディスプレイを作って見せる収納

壁にディスプレイしたくて色々と考えたりネットで探したりしましたが、市販品はかなり高額。
だったら自分で作ろう~!
ということでやってみました。

【必要な物】
ダイソーのカーテンフック 1セット
ワイヤーネット 1枚

【作り方】
1.壁にネジを止める。

2.そこにワイヤーネットを引っ掛ける。

3.カーテンフックを付ける。

これだけです。気を付けたことといえば、フックが均等に並ぶように吊るす事くらい…

特に難しい作業はなく、女性でも簡単に10分もあれば出来上がります。
工具もドライバー1つで大丈夫ですし、とにかく簡単。
飾りたいものが増えても、すぐに同じ物を簡単に作れますね。

部屋にまとめて置いていた物が無くなりスッキリしました。

ディスプレイ用にと作りましたが、何があるが一目見ただけでわかるのが便利ですね。使うときにすぐに取り外せます。
同じ物を複数個持っていた時の在庫管理にもなります。ある物を買ってしまった…というような無駄もなくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

ダイソーの突っ張り棒とワイヤーネットを使って収納スペースができたので、ご紹介しました。

ほんのひと手間で、使い勝手がよくなったりストレスが減ったりします。

収納スペースが欲しいけれど物は増やしたくない!
と思っている方の参考になれば嬉しいです(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました