スポンサーリンク

教えてもらう前と後 正しいシャンプーの方法とは?白髪や抜け毛などの髪の老化予防に効果的!

芸能・テレビの気になる
スポンサーリンク

2019年7月30日の「教えてもらう前と後」
夏のシャンプーの方法を、頭皮ケアの達人・大場隆吉さんが教えてくださいました!
大場隆吉さんは、天皇陛下の元 理髪師をしていた方で、美髪のプロフェッショナルなんです(*^^*)
白髪や抜け毛対策にもなる、夏のシャンプー法をまとめました。

スポンサーリンク

正しいシャンプーは髪の老化を防ぐ

抜け毛
ぱさつき
うねり
ツヤがない
これらの髪の悩みの原因は「髪の老化」です。
正しいシャンプー方法を身に付けて、髪の老化を防ぎましょう。

夏シャンプーで「洗う」より大事なこと

夏シャンプーで洗うより大事なことは「頭皮のマッサージ」です。

シャンプーの語源は、ヒンディー語で「頭皮をマッサージして清潔・健康に保つ」という意味なんですって。

夏シャンプーの極意は
頭皮をこすらないでマッサージすること
髪の毛を乾かすまでがヘアケアであることを、
大場隆吉さんは仰っています。

正しいシャンプー方法を復習していきましょう~(*’▽’)

予洗いを充分に

夏シャンプーにかかわらずですが、予洗いをしっかりすることが大事です。

予洗いをとは、シャンプー前に髪を充分に濡らし、汚れを落とすことです。

予洗いは時間をかけて丁寧にやるのがおすすめ。
シャンプーの泡立ちも良くなります。

夏に特に気をつけたいのは、お湯の温度!

頭皮は刺激に敏感なので、40度以上だと高め。炎症の原因になります。
お湯はぬるめが良いそう。
38度が適温です(・∀・)

大事なのは泡の立て方と頭皮のマッサージ

シャンプーで洗う時間の理想は5分

時間配分は
2分間→泡立て
3分間→頭皮のマッサージ

効果的なシャンプーとは、まず泡の立て方が大事なポイントのようです。

シャンプーの正しい泡立て方

1、シャンプーを髪の根元に馴染ませる。
頭皮から髪全体に行き渡らせるイメージです。

2、手を上下に小刻みに揺らす。
髪を手で上に持ち上げるように空気を送っていると、上質な泡ができる

ここまでで約2分。

頭皮マッサージの方法

マッサージといっても強い力は必要ありません。やさしくて大丈夫!
ゴシゴシ洗うのは間違いです。こすらなくても、頭皮の毛穴もすっきりしますよ♪

ポイント1
指先を頭皮につけたまま、こすらない。

ポイント2
頭皮に触れる力は桃に触れる位のソフトタッチで!ジョリジョリ音がしたら、それは強すぎです。

ポイント3
下から頭頂部へ頭皮を動かすように。

シャンプーの真の目的は頭皮の血行を良くすること
マッサージが、白髪や抜け毛対策のキモなのです。

やさしいマッサージの指はこう!

・頭皮に指の腹を付ける
・第二間接を曲げる
・第二関節から下を動かす(決してこすらない)

スポンサーリンク

乾かし方を間違えると全てが台無しに

髪の毛を乾かすまでがヘアケア
と言うくらいに、乾かし方も大事です!

髪の毛は摩擦に弱いので、タオルでゴシゴシして髪が擦れるとキューティクルが痛みます。
髪の表面のキューティクルがボロボロになると、髪の中のタンパク質が流出し、空洞化してしまいます。それが切れ毛や抜け毛の原因となるんですね。
髪をタオルでゴシゴシは厳禁です!

正しい乾かし方

シャンプーの後の正しい乾かし方は「タオルでキャップをする」です。
そのまま、頭皮をこすらずマッサージする。

タオルで髪を包み、やさしくマッサージするように水分を吸い取るのが良いそうです。

自然乾燥だと、実は乾燥はしておらず雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮の痒みや炎症の元になります。

夏老け対策のドライヤー 使い方をチェック

ドライヤーで乾かす時は後頭部から

まず順序ですが、1番乾きにくいところから乾かすのがポイント!
髪が最も密集する後頭部は乾かすのに時間がかかるので、そこから乾かすのがgood

ドライヤーの冷風を使おう

温風で9割ほど乾かし、仕上げに冷風を使い冷やすことで、開いていたキューティクルが引き締まります。すると、ツヤが生まれるんですね。

まとめ

タイトルとURLをコピーしました