赤いクワガタヒラズゲンセイに注意!危険な理由と生息地域はどこ?

雑学
スポンサーリンク

赤いクワガタのような昆虫を見つけたら?

自分が遭遇したら珍しくて触ってしまいそうですが、
触るのは要注意ですよ!というニュースを見つけました。

スポンサーリンク

赤いクワガタ=ヒラズゲンセイに要注意?

触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。
ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。クマバチに寄生し、クマバチが好むサクラや巣を作る古い木造家屋など、多様な場所で見られるという。
生態に詳しい大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員によると、もともと近畿地方には生息していなかったが、1976年に和歌山県で発見され、京滋では2009年に京都市伏見区、12年に栗東市で確認された。
現在の生息北限は、京都府南丹市や滋賀県近江八幡市とみられる。今月8日には、大津市北部の旧志賀町地域の住宅街で見つかった。捕まえた和邇小2年、高木春毅くん(7)=同市=は「新種の赤いクワガタかと思った。毒があるなんてびっくりした」と話していた。
初宿学芸員は「目立つ虫なので、特に子どもが間違って触らないよう気をつけてほしい」と呼び掛けている

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000003-kyt-sctch

ヒラズゲンセイとはどんな昆虫?

ヒラズゲンセイ
あまり耳にしたことない名前の昆虫です。

まず、見た目はこんな。

なるほど、、というか朱色の体をしています。オスには大きな顎があり、「赤いクワガタ」と呼ばれる所以ですね。

けれど、クワガタとは別物です。
ハナバチ類の巣に寄生し花粉や蜜を食べる生態の種類をツチハンミョウといいますが、このヒラズゲンセイもツチハンミョウの一種になります。

キレイ…といえばキレイですが
攻撃色というか「触ると危険だよー!」と主張しているようにも見えます。

ちなみにヒラズゲンセイは、場所によっては「準絶滅危惧種」に指定されており、幻の昆虫とも呼ばれるそうです。

香川照之の昆虫すごいぜ!でハンミョウの授業が( *´艸`)

危険?ヒラズゲンセイに触るとどうなるの?

独特の色の体なので、興味をひきますよね
ついうっかり触ってしまう人もいるかもしれません。

だけど、ちょっと待ってください!
ヒラズゲンセイは有毒な体液を持っているというのです。

それは「カンタリジン」といい、ヒラズゲンセイが体や足の関節から出すそうなんですが
人間の皮膚に付着するとかぶれや水ぶくれになります。
水ぶくれは破裂し、かさぶたになり、長期間跡が残るそうです。

生態が謎に包まれていることもありますし、もし見つけても触らない方がよさそうです。

スポンサーリンク

子供達にも注意喚起を

ヒラズゲンセイは約70年ほど前に高知県で発見されています。
そのあと、京都や滋賀でも発見されています。
どうやら生息地域が北へ拡大しているようなんですね。

いつどこでヒラズゲンセイと出会うかわかりませんし、
特に子供はクワガタだと思い、喜んで触ってしまうかもしれません。

日頃から、子供にも注意しておいた方が良いと感じました。

世間の反応は?

タイトルとURLをコピーしました