教えてもらう前と後放送のチャーハンの作り方!絶対に失敗しない理由と秘訣は弱火?

芸能・テレビの気になる
スポンサーリンク
お店で食べるようなおいしいチャーハンを、自宅で作れる方法があります。
2019年6月4日【教えてもらう前と後】
料理科学研究家の水島裕さんが、「絶対失敗しないチャーハンの作り方」を教えてくださいました!
家庭でも簡単にプロ並みの美味しいチャーハンを作るには、ポイントがあるのです。
この記事では、番組の内容をまとめています。
https://girlsmama.com/archives/690
弱火でも素材の旨みを引き出した美味しいチャーハンにすることができるのです。
ポイントは、炒める前のご飯に施すある工夫
その方法は………

ポイント①ご飯に水をかける

お椀一杯程度のごはんに、水を二振り。大さじ2杯くらいの水をかけ、混ぜます。
ご飯は澱粉質がのり状になってくっついているので、水をかけてのりを洗い流しておく。炒める時にご飯同士がくっつかないようにするのが目的です。

ポイント②ご飯にサラダオイルをかける

もう一つのポイント
ご飯にサラダオイルを回しかけること。
この下ごしらえをすることで、炒める時に油がご飯にムラなく混ざります。

プロが強火でフライパンを激しく動かすのは、油や味をまんべんなく混ぜるためなんだね。

それを先にやっておくから、プロのようなフライパンさばきができなくても大丈夫なんだよ♬

下ごしらえの際は、ごはんをザルに入れれば余分な水と油が下に落ちるので、油っぽくはなりません♬
スポンサーリンク

失敗しないチャーハンの作り方

さて、ここからは作り方を詳しく説明しますね。
ご家庭の火力でも、失敗せずに作れちゃいます(*’▽’)
❶フライパンに油を引き、溶いた卵を入れる(この時点ではまだ火をつけない)
   ↓

➋弱火でゆっくり、卵をいためる。

冷たいところから弱火でゆっくりと。
こうすることで、卵はふっくらと色もつかずに仕上げることができるのです(*’ω’*)
   ↓
❸卵がスクランブルエッグ状になったらご飯を入れる
   ↓

➍5分くらいゆっくりいためる

すでに油がご飯にムラなく混ざっているので、ゆっくりでOK
   ↓
➎ネギを入れる(このタイミングでハムやレタスを入れても♡)
   ↓
➏味付けをする。
調理のポイント①
味付けは塩だけ!

お米や卵の旨味で、充分おいしいの♪

調理のポイント②
最後だけ強火!
ごはんの真ん中を分け、ごま油を入れます。その時に強火にすることで、香りを引き立たせるのです。

失敗しないチャーハンの作り方まとめ! 決め手は弱火&鍋は振らない

水島裕さんが教える「絶対失敗しないチャーハンの作り方」をまとめました。

下ごしらえの工夫をすると、弱火でも素材の旨みを引き出した美味しいチャーハンができちゃうんですね~

フライパンさばきや強い火力がなくても、家庭で簡単にプロ並みのチャーハンができるのは嬉しい!
ぜひ、やってみてください(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました