大したもん蛇まつり2019年日時、アクセス、駐車場や周辺グルメも!

お出かけスポット・イベント
スポンサーリンク

「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」2019年日時やアクセス、駐車場、周辺グルメ情報!

ギネスに認定された、世界一長い大蛇が村を練り歩く姿は圧巻!

竹とワラで作られた大蛇を、約500人で担いで3時間近く村内を進みます。

そんな「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」の開催日時やアクセス、駐車場情報、周辺のグルメ情報などをまとめました!

スポンサーリンク

えちごせきかわ大したもん蛇まつりとは?

「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」は新潟県関川村で、1988(昭和63)年から始まりました。

1967(昭和42)年8月28日に発生した羽越大水害と、村に伝わる『大里峠』という大蛇伝説をテーマにつくられた祭りで、関川村の夏の一大イベントです。

村に伝わる伝説『大里峠』

禁断の蛇の味噌漬けを食べた若い人妻が蛇に化身され、やがて大蛇に変身する。

大蛇は自分の住む場所を作るため、荒川をせき止めて関川村を湖にする計画を立てる。

しかし、琵琶法師の命と引き換えに情報は事前に伝えられ、大蛇は村人によって退治される

という物語。

 

竹とワラの大蛇はギネス認定に

パレードに登場する大蛇は、長さ82.8m重さ 2t

なぜ、82mもの長さになったかという理由は、昭和42年8月28日に発生した羽越大水害です。

多くの犠牲者を出した惨事を忘れることなく次代へ引き継ぐため、82.8mという長さになりました。

竹とワラを材料に、関川村の54集落が分担して作っている大蛇は、まさに「村の総力の結集」
頭部と54個の胴体がつなぎあわされてできているのです。

竹とワラで作った世界一長い蛇として、2001年6月にギネスブックに認定されています。

 

「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」詳細情報

まつりは、大蛇パレードのほかにも花火大会、盆踊り大会、福まきなどが行われます。

スポンサーリンク

えちごせきかわ大したもん蛇まつり 開催日時

2019年8月24日から8月25日

<8月24日(土)>

花火大会:19時~  (高瀬温泉・雲母温泉周辺)
大盆踊り大会:20時~

<8月25日(日)>

大蛇パレード:9時30分~12時頃(高瀬温泉~関川村役場※予定)

昨年はメイン会場、ゴール地点は道の駅でした。今年はどうなるのか、情報がわかり次第、追記したいと思います。

福まき:大蛇パレード終了後

住所

新潟県岩船郡関川村湯沢温泉~高瀬温泉~道の駅関川(桂の関)~大蔵神社~役場(※予定)

 

交通アクセス

●JRの場合
JR米坂線「越後下関駅」より徒歩で5分

JR快速「べにばな」が便利
新潟駅発8:40 → 越後下関駅着9:46

●自動車の場合
日本海東北自動車道「荒川胎内IC」より車で15分

スポンサーリンク

「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」駐車場はある?

駐車場:あり(無料)

昨年は、メイン会場の近く

関川村村民会館
社会福祉センターの駐車場、荒川沿いのスポーツ公園の駐車場が利用場所となっていました。

 

周辺グルメ

・メイク
・広域観光インフォメーションセンター(桂館)

タイトルとURLをコピーしました