教えてもらう前と後/最新キッチン器具でめざせ時短!にんにくピーラーや卵黄身分け、電動缶切りも!

スポンサーリンク

2020年1月7日の『教えてもらう前と後』では、最新の便利なキッチン器具が紹介されました。

ニンニクピーラー
卵の黄身分け
一つで二役のケーキナイフ
レンジで薄焼き卵ができるアイテム
電動缶切りなど

2020年、今買うべきキッチングッズをランキングでまとめます!

スポンサーリンク

第5位 たった10秒でニンニクの皮がむける

面倒なニンニクの皮むき作業がたった10秒できるグッズです。

シリコン製のゴムでできているこちら。
ゴムに薄皮が引っかかってペロンペロンと抜剥けていく仕組みです。

使い方は簡単
・筒の中に皮がついたままのニンニクを入れる。
・押し付けながらごろごろ転がすだけ。
・音がしなくなったら剥けた合図です。。

シリコンの内側にニンニクの薄皮が引っかかり、10秒ほどできれいに皮が剥ける便利グッズですね。
山口もえさんや滝川クリステルさんも「欲しい!」と食いつき感ハンパなかったです(*’▽’)

薄皮を剥きたいものなら銀杏やピーナツなどでも使えるので試してみて下さい♪

スポンサーリンク

第4位 地味に面倒なあの作業がたった3秒で

ニワトリの形をしたこちらのかわいいグッズ。
裏には穴が開いています。

これは卵を白身と黄身に分けてくれるグッズなんです。

卵の黄身と白身を分ける作業って面倒ですよね。
慎重にやる必要があったり、気をつけていても黄身が崩れてしまう場合があります。

これはなんと!黄身を吸い取って分けるんです。

お腹の部分を両側から押してニワトリの中から空気を抜きます。
そのまま君の表面に当てます。
そしたらそのままお腹を膨らませるように持っている部分の力を緩める。
そうすると黄身だけがスポッとニワトリの中に入ります。
その後は、またお腹を押す。そうするとニワトリの中に入った黄身がポトンと出てくる仕組みです。

なくてもできることはできますが、これは楽しい!
意外に手間取る卵の白身と黄身を分ける作業ですが、かわいいお助けグッズで無意味に使う機会が増えそう。
お菓子作りや納豆や丼もののトッピングなど料理のレパートリーも増えますよ。

同じタイプのセパレーターでこんなかわいい形もあります

スポンサーリンク

第3位 難しい上に面倒なケーキカットがらくらく簡単

輪っかになった流線形のグッズ

こちらは、ケーキナイフとサーバーが一体になった一体二役のアイテムです。

ケーキをカットし、そのまま挟んでサーブできる優れものケーキサーバー

カットや盛り付けも失敗しないし、洗い物も減って、まさに一石三鳥♪

スポンサーリンク

第2位 薄焼き卵が成功率100%になるグッズ

丸いトレイ状のパーツが3つでワンセットのこのアイテム。

きれいな薄焼き卵がレンジでできちゃいます!

使い方
・油を引いた1番下のプレートに油を塗り、溶き卵を入れる
・溶き卵の上に内蓋をのせ、さらにその上に外蓋を乗せ重みをつける
後は600ワットのレンジで約1分30秒温めればok

意外と面倒な錦糸卵も、フライパンを汚すことなくプロ並みの仕上がりになります。

さらにホットケーキミックスを使えば、クレープだってこんなに簡単にできちゃいますよ~
失敗知らず!試してみたいです(*^-^*)

スポンサーリンク

第1位 缶切りがたったの30秒で!

まるでパソコンのマウスのようなフォルムに、大きなボタンが1つ。
これを使うだけで力が必要で面倒な缶切りがたった30秒でできるのです!

力いらずで缶が開くので大人気なのだそう(*’▽’)

使い方は超簡単。缶詰の上に乗せて、ボタンを押すだけ。
勝手に缶の周りを1周し、蓋が開いたら自動でストップします。

動いている様子はなんだかカワイイです。

裏には磁石が付いていて、切り取られた缶の蓋も落ちずについてくるんですね♪

タイトルとURLをコピーしました