【新説!所JAPAN】昆布締めの作り方!野菜やお肉やこんにゃくも?

スポンサーリンク

2019年9月2日放送の新説!所JAPANでは、家庭料理のあらゆるところで昆布が使われるという富山県を調査!

富山県では自宅で昆布締めを作る文化があるのだとか。

それは魚介にとどまらず、野菜から牛肉までなんでも昆布締めにしちゃうんです!

番組で紹介された、簡単でおいしい昆布締めの作り方をまとめました。

また、どんなものが昆布締めにされているか、口コミなども集めています(*’ω’*)

スポンサーリンク

おいしい昆布締めの作り方

昆布締めとは刺身の水分を昆布が吸い、身を引き締めるとともに昆布のうまみを刺身に浸透させたもの。

番組で紹介された昆布締めの作り方です。

1.たっぷりの酢で昆布を拭く。

乾燥昆布は表面に塩気があります。あまり塩気が強すぎると、材の水分が抜けすぎて身が硬くなってしまうため、最初に昆布を拭いて塩気を取るのが良いそうです。

2.魚は1センチ位の厚みで切る。

薄すぎると、締めると身が小さくなってしまい、逆に厚すぎると昆布の風味が薄くなってしまう。1センチくらいがちょうど良い。

3.切り身を昆布の上に並べる。

ポイントは「生姜を必ず乗せる」こと。魚の臭みを取ったり、生姜の味がついておいしくなります。

生姜を乗せるのは野菜など、他の食材でも同様です。

4.もう一枚の昆布をかぶせ、ラップなどで覆う

この状態でしばらく置いて、昆布締めの出来上がりです!

いろいろ昆布締めにできる

昆布締めはお刺身を昆布で挟んで締める富山の伝統料理です。

余った刺身は昆布締めにするのが常識らしい。

かじきマグロの昆布締めが代表的ですが、「富山の宝石」と呼ばれる、白いえびの昆布締めは絶品です。

白えびの繊細な風味を逃さないよう、おぼろ昆布で締めたものです。

 

富山県ではお刺身の他に、なんでも昆布締めにしちゃうそうです。

・牛肉
・山菜
・こんにゃく
・野菜
など、昆布締めにできます。

野菜は、少し湯がいてから締めると、野菜の甘みが増して美味しくなるそうです。

スポンサーリンク

皆さんの昆布締め

・サーモン
オレンジ色がおいしそうです♬

 

この投稿をInstagramで見る

 

nachanさん(@nachan.world)がシェアした投稿

・甘エビ

 

この投稿をInstagramで見る

 

甘エビの昆布締めです。 昆布の表面をお酒を浸したキッチンペーパーで拭いて、殻を剥いた甘エビを並べます。上下を昆布で挟んでラップをかけて冷蔵庫に3時間。わさび醤油を付けていただきます。 余分な水分が抜けて、旨味が凝縮され濃厚な味わいに。お酒がすすみますよ。 #甘エビ #甘エビの昆布締め #甘えび #甘海老 #エビ #エビの刺身 #さしみ #刺身好き #おさしみ #昆布締め #日本酒 #日本酒好き #酒のつまみ #居酒屋 #魚好き #クッキングラム #インスタグルメ #インスタフード #デリスタグラム #食スタグラム #料理好きと繋がりたい #seafood #foodpics#foodpom #delistagram #instafood #cookingram #tokyo

Hiroki Hayamiさん(@hayami_sake)がシェアした投稿 –

昆布締めをパスタに添えてます。
合うのだそうです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ochobin 0178さん(@ocho178)がシェアした投稿


・サスの昆布締め
サスとは富山の方言で「カジキマグロ」のことなのですって!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぽよんちょおじさんさん(@poyoncho_ojisan)がシェアした投稿

・牛肉の昆布締め 

 

この投稿をInstagramで見る

 

【A5ランク氷見牛モモ肉昆布締め】 超絶オススメです🐮 ※予め炙ってあります🔥 #bar飯 #氷見牛 #昆布締め #室屋 #富山県産 #氷見産 #venz

Venzさん(@watana.venz.takuya)がシェアした投稿 –

 

タイトルとURLをコピーしました